東北工業大学

お問い合わせ

資料請求

アクセス

HOME > NEWS & TOPICS >  【開催案内】第73回 Tohtechサロン
「デジタルエンジニアリング技術を活用した歴史的資源の再現
〜十八夜観世音堂 観音菩薩の制作〜」

NEWS & TOPICS

【開催案内】第73回 Tohtechサロン
「デジタルエンジニアリング技術を活用した歴史的資源の再現
〜十八夜観世音堂 観音菩薩の制作〜」

イベント

東北工業大学地域連携センターでは、最新の技術・研究の動向や情報発信、技術提供など、地域企業、自治体、住民の皆さまと研究者との交流の場として「Tohtechサロン」を定期的に開催しております。
第73回 Tohtechサロンのテーマは、「デジタルエンジニアリング技術を活用した歴史的資源の再現〜十八夜観世音堂 観音菩薩の制作〜」。
十八夜観世音堂(太白区長町)の観音菩薩像(東北最古の木製菩薩像立像で所有者は十八夜観世音堂保存会)は、平成28年に宮城県指定有形文化財(彫刻)の指定を受けましたが、現在は、盗難防止、保存環境などの観点から仙台市博物館に寄託中です。
このような中、十八夜観世音堂保存会、仙台市博物館の協力のもと、宮城県産業技術総合センター、東北工業大学、(有)ジーマデザイン事務所などが精巧な再現像制作とその活用を目的にプロジェクトチームを設立し、この度、木製品の3次元測定技術、3Dプリンターなどのデジタルエンジニアリング技術を活用し観音菩薩像の再現に至りました。
このプロジェクトチームによる観音菩薩の再現に至るまでの経緯や内容について、また多くの方へ再現された観音菩薩をご覧いただきたく、下記により活動報告を開催いたします。
お忙しいところとは存じますが、ぜひご出席いただきますようご案内申し上げます。

<第73回 Tohtechサロン>
【テーマ】
デジタルエンジニアリング技術を活用した歴史的資源の再現
〜十八夜観世音堂 観音菩薩の制作〜
【日時】
2019年1月16日(水)16時~17時30分
【会場】
東北工業大学一番町ロビー 2階ホール
仙台市青葉区一番町1-3-1(TMビル)
TEL:022-723-0538
【主催】
東北工業大学
【共催】
宮城県
【協力】
十八夜観世音堂保存会、仙台市博物館
【参加費】
無料
【講師】
十八夜観世音堂保存会     会長     渡邉 由之 
仙台市教育委員会文化財課   主任     酒井 昌一郎
宮城県産業技術総合センター  研究員    篠塚 慶介
東北工業大学 安全安心生活デザイン学科4年 遠藤 彪雅
【モデレータ】
東北工業大学 安全安心生活デザイン学科教授 中島 敏
【進行】
東北工業大学 地域連携センター       菅原 玲

※制作した観音菩薩像は当日、一番町ロビー2階ホールで展示しております。
※Tohtechサロンへの参加のお申し込み不要です。お気軽にお越しください。

第73回 Tohtechサロン チラシ

【問い合わせ先】
東北工業大学 地域連携センター
TEL:022-305-3801 FAX:022-305-3818
E-mail:rc-center@tohtech.ac.jp

PAGE TOP

最終更新日