東北工業大学

お問い合わせ

資料請求

アクセス

HOME > 就職情報 > インターンシップ制度

インターンシップ制度

実績に即した教育システム

インターンシップでは産業界の積極的な賛同を得て、実戦経験と社会適応性を養成しています

本学のインターンシップは、社会経験の少ない学生が現実社会に接し、その活動を具体的に理解するとともに、将来に向けて明確な目標を設定し、さらなる学習意欲を喚起することを目的とします。インターシップの普及は、実社会への適応能力のより高い実践的な人材の育成につながります。
また、学生を受け入れる産業界では、大学と連携を図ることにより、大学に新たな産業分野の動向などを踏まえたニーズを伝え、新たな商品開発や技術開発等に反映させることができます。こうして学生が得たインターンシップの成果は、企業などへの就職後に実践的な能力として発揮されるのです。

インターンシップの流れ

インターンシップは夏期休業を利用し、1~2週間かけて就業体験します。インターンシップ前にはビジネスマナーなどを学べる事前研修もあるので安心です。インターンシップ終了後には報告会が行われ、条件により単位が認定されます。就業体験で得た経験は、これからの学習や将来設計、就職活動に生かすことができます。

インターンシップ参加者の声

通研電気工業株式会社 | 情報通信工学科 佐々木秀平さん

SLOW HAND株式会社 | 安心安全デザイン学科 下川 泰佳さん




インターンシップの流れ

(単位 : 人)
※( )内は女子

学科 21年度 22年度 23年度 24年度 25年度 26年度 27年度 合計
1年 1 - - - - 1 - 2
2年 5(4) - 8(4) 3(1) 1(1) 6(1) 3(3) 26(12)
3年 70(25) 123(34) 66(37) 110(40) 100(41) 90(40) 100(20) 659(237)
4年 3 - 3(1) 2 2 - 1 11(1)
院生 - - 2 2(1) - 1 - 5(1)
総計 79(29) 123(34) 79(42) 117(42) 103(42) 98(41) 104(21) 703(251)

PAGE TOP

最終更新日 2017年4月19日