東北工業大学

お問い合わせ

資料請求

アクセス

HOME > 大学概要 > 建学の精神・教育理念

建学の精神・教育理念

建学の精神・教育理念

建学の精神

大学の理念

人間・環境を重視した、豊かな生活のための学問を創造し、それらの統合を目指す教育・研究により、持続可能な社会の発展に寄与する

教育方針

専門家として必要な素地、
調和のとれた人格、
優れた創造力と実行力を備えた人材の育成

学士力と具体的ポリシー

本学の学生が身につけるべき学士力

真摯な態度と向上心をもって以下の学士力を身につける

1. 知識と理解力
    文化性、人間性、社会性を備えた科学力と専門能力
2. 論理的思考と分析スキル
    現象や結果に基づいて展開、解析、方向性を導く能力
3.協調性と適応力
    集団の一員として状況を正しく理解して主体的に取り組む能力
4.コミュニケ-ションスキル
    自己表現と相互理解の能力
5.課題発見とその解決能力
    総合的能力を駆使して、新しい現象・課題を発見し、その理解・解決ができる能力
6.国際理解力と語学力

  地球的課題、多様な文化、価値観の違いを理解し、国際的に通用するコミュニケーション能力

 AEGG(エーエッグ) ポリシー

入学者受入の方針

本学の人材育成の目標達成のため、入学後の成長が期待される人材として、以下のいずれかを評価して入学者を受け入れる。
1.  基礎学力を身につけ、総合的な判断力を有すること
2.  専門分野に秀でた能力を有すること
3.  意欲的で目的意識が明確なこと
4.  多様な活動実績や一芸に秀でた能力を有すること

教育課程表の編成・実施の方針

1.  目標GPAの設定
2.  各学科目と身につけるべき能力の対応関係の明示
3.  社会的視点や人間形成に資する内容を盛り込んだ専門と教養の統合
4.  初年次からのセミナー系科目と卒業研修科目までの少人数教育の一貫性
5.  科目間の連携を明示したモデルカリキュラム

学位授与方針

本学の学生が身につけるべき学士力(前述)を学科目ごとに評価するとともに、その総合評価として「卒業研修(卒業制作)」の組織的・客観的評価により卒業認定を行う。

本学では、以上の3ポリシー(A・E・G1)にもとづく学士力の養成に加え、「総合的人間教育」の観点から学生の生きる力を高めるために、以下の学生の指導方針(ポリシーG2)を定め、これらを「東北工業大学 AEGG(エーエッグ)ポリシー」という。

学生の指導方針

本学学生の個性を重んじ、その成長、進路の自己設計のため以下の方針で指導する。
1.  学内外の多様な正課外活動の体験を通した社会の一員としての意識の醸成
2.  キャリア教育を通した職業人としての意識の醸成

大学院の理念・目的および教育目標

大学院の理念・目的

本大学院は、建学の精神に則り、学術の理論及び応用を教授研究し、その深奥を究めて、ひろく文化の発展に寄与することを目的とする。また、その目的実現のために、「創造から統合へ-仙台からの発進」のスローガンのもと、人間・環境を重視した豊かな生活のための学問を創造し、社会との真の融合を目指すことにより、地域の文化と産業の発展に寄与するとともに、その中心となって貢献することのできる高度の専門知識と問題解決能力を備えた優れた人材を育成する。

教育目標

◆工学研究科
本研究科は、東北地方を中心とした地域社会から国際社会に及ぶ広範囲な領域において、持続可能な社会に寄与する科学技術、環境技術、産業、生活、芸術文化にかかわる高度な専門性と卓越した創造性、統合的能力および国際理解力を有する技術者ならびに研究者を育成することを目的とする。

◆ライフデザイン学研究科
本研究科は、東北地方を中心とした地域社会から国際社会に及ぶ広範囲な領域において、持続可能な社会や生活文化の実現に寄与する科学技術、環境技術、産業、芸術の統合につとめ、これにかかわる高度な専門性と卓越した創造性、教養および国際理解力を有する技術者、デザイナーならびに研究者を育成することを目的とする。

学士力と具体的ポリシー

博士課程を前期2年の課程(博士(前期)課程)及び後期3年の課程(博士(後期)課程)に区分する。

1. 博士(前期)課程
◆工学研究科
広い視野に立って精深な学識を授け、専攻分野における研究能力又は高度の専門性を有する職業等に必要な高度の能力を養うことを目的とする。  
◆ライフデザイン学研究科    
広い視野に立って精深な学識を授け、専攻分野における研究能力又は高度に専門的な業務に従事するのに必要な思考力と実践力を養うことを目的とする。

2. 博士(後期)課程
◆工学研究科    
専攻分野について、研究者として自立して研究活動を行うために必要な、又はその他の高度に専門的な業務に従事するに必要な高度の研究能力及びその基礎となる豊かな学識を養うことを目的とする。  
◆ライフデザイン学研究科    
専攻分野について、研究者として自立して研究活動を行うために必要な、又はその他の高度に専門的な業務に従事するのに必要な研究能力及びその基礎となる豊かな学識を養うことを目的とする。

学士力と具体的ポリシー

1. 博士(前期)課程
◆工学研究科
(1)本課程に2年以上在学し、専攻科目について30単位以上を修得し、かつ、必要な指導を受け、修士学位論文を提出して、その審査及び最終試験に合格したことをもって課程を修了した者には、修士(工学)の学位を授与する。
(2)大学院教授会が適当と認めるときは、特定の課題についての研究の成果の審査をもって修士学位論文の審査に代えることができる。
(3)在学期間に関しては、優れた研究業績を上げた者と大学院教授会において認めた場合には、大学院に1年以上在学すれば足りるものとする。
◆ライフデザイン学研究科    
(1)本課程に2年以上在学し、専攻科目について30単位以上を修得し、かつ、必要な指導を受け、修士学位論文を提出して、その審査及び最終試験に合格したことをもって課程を修了した者には、修士(デザイン工学)の学位を授与する。
(2)大学院教授会が適当と認めるときは、特定の課題についての研究の成果の審査をもって修士学位論文の審査に代えることができる。
(3)在学期間に関しては、優れた研究業績を上げた者と大学院教授会において認めた場合には、大学院に1年以上在学すれば足りるものとする。
2. 博士(後期)課程
◆工学研究科    
(1)本課程に3年以上在学し、かつ、必要な研究指導を受け、博士学位論文を提出して、その審査及び最終試験に合格したことをもって課程を修了した者には、博士(工学)の学位を授与する。
(2)在学期間に関しては、優れた研究業績を上げた者と大学院教授会において認めた場合には、1年(2年未満の在学期間をもって修士課程又は博士(前期)課程を修了した者にあっては、当該在学期間を含めて3年)以上在学すれば足りるものとする。
◆ライフデザイン学研究科    
(1)本課程に3年以上在学し、かつ、必要な研究指導を受け、博士学位論文を提出して、その審査及び最終試験に合格したことをもって課程を修了した者には、博士(デザイン工学)の学位を授与する。
(2)在学期間に関しては、優れた研究業績を上げた者と大学院教授会において認めた場合には、1年(2年未満の在学期間をもって修士課程又は博士(前期)課程を修了した者にあっては、当該在学期間を含めて3年)以上在学すれば足りるものとする。

学士力と具体的ポリシー

◆工学研究科
1.幅広い工学分野の専門知識の修得が可能な基礎学力を有する人。(学力)
2.高度な専門的知識・技術修得に強い意欲を持ち、課題解決に積極的に取り組む人。(勉学姿勢)
3.高い倫理観を有し、専門知識を踏まえて地域社会から国際社会において社会貢献に熱意を持つ人。(社会人としての資質、社会貢献への姿勢)  
◆ライフデザイン学研究科    
1.幅広いライフデザイン学分野の専門知識の修得が可能な基礎学力と総合的な判断力を有する人。
(学力)
2.専門分野において多様な活動実績や秀でた能力を有する人。(実践力)
3.高度な専門的知識・技術ならびに技能修得に強い意欲を持ち、目的意識が明確な人。(勉学姿勢)
4.高い倫理観を有し、専門知識を踏まえて地域社会から国際社会において社会貢献に熱意を持つ人。(社会人としての資質、社会貢献への姿勢)

PAGE TOP

最終更新日 2016年12月8日