東北工業大学

東北工業大学

研究室対談[LAB TALK] 研究室対談[LAB TALK]

東北工業大学で学び、変わったと思うことはなんだろう。
成長や研究内容、夢をテーマに先生と学生が語り合いました。

  > 気づく→変わる > 齋藤輝文教授×4年生 武澤港斗さん(宮城県塩釜高等学校出身)

齋藤輝文教授×4年生 武澤港斗さん(宮城県塩釜高等学校出身)

工学部 環境エネルギー学科 齋藤研究室 (教員の役職及び学生の学年は取材当時のものです)

LAB TALK:齋藤輝文教授×4年生 武澤港斗さん(宮城県塩釜高等学校出身)

楽しくもあり、悔しくもあった実験の授業

武澤 高校生の頃から漠然とですが環境問題に興味があり、この学科を志望しました。オープンキャンパスで水質関係の模擬実験を体験して、実験って面白いなと思ったこともきっかけの一つです。
齋藤 高校時代は実験をやらなかったの?
武澤 普通科の高校だったので、ありませんでした。大学に入学してからは実験の授業が多く、新鮮で、本当に面白かったです。1年生の時は工業系の高校出身の同級生たちが手早く作業をしている様子を見て、負けたくないと思っていました。実験は慣れていない分、負けてしまうので、物理や数学、知識などの面では負けたくないと思って勉強を頑張ってきました。
齋藤 触って覚える部分は、経験が必要だからね。でも、数学や物理などの基礎の部分をしっかり学んでいれば、そこからきちんと成長できるから強いと思うな。特に物理は学生に勉強してもらいたいね。論理的思考を身につけるためには、必要な学問だと思うよ。
武澤 そうなんですね。物理は高校時代から面白いなと思っていました。研究をするためには物理が必要で、物理を学ぶためには数学が必要になってきて……。何か一つのことを学ぼうとすると別の分野の知識も必要になってきて、興味の範囲がどんどん広がっていくのを最近特に感じています。

武澤さんの研究テーマは、「太陽電池エネルギーの変換効率の波長依存性」。
レーザー光を使い、さまざまな波長の光についてエネルギーへの変換効率を調査しています

「粉骨砕身」がモットー

「震災をきっかけにエネルギー問題に強い関心を抱いた」と話す武澤さん

齋藤 武澤君は大学院に進学するんだよね。いつから院への進学を意識しはじめたの?
武澤 3年生になって専門の授業を学ぶにつれて、もっと学びたいなという意欲が強くなってきたんです。大学入学当時は就職のことまで考えていませんでしたが、今は、大学院でもっと太陽電池の研究をして、将来はエネルギー関連の職業に就きたいと考えています。
齋藤 武澤君からは、一度学んだことを忘れないようにするという姿勢をとても感じるんだよね。それはとても研究者向きだと思うよ。
武澤 ありがとうございます。先生から教えていただいたことをまた質問するのは失礼だと思っているので、聞いたことは全部メモをして、その後、自分でもメモを見て復習するよう心掛けています。

齋藤 それは社会人になってからも大切なポイントだと思うな。ぜひ続けてほしいね。研究室に標語を張るのも好きだよね。
武澤 自分の意識や意欲を高めるためにやっています。張ってある言葉を見て「今日も頑張ろう」と思うんです。
齋藤 一番好きな言葉は何?
武澤 「粉骨砕身」です。勉強でも何でも、一生懸命に取り組むと自分で決めているんです。なかなか興味をもてない分野でも、始めから放り出すことはしないように、と思っています。一生懸命やってみれば好きになるかもしれないし、それでも興味が湧かなければ、その後はやめてもいいかなって……。
齋藤 そうだね。まずは何でも興味をもつということも大事だと思うよ。「好きこそものの上手なれ」というけれど、自分から好きになったことは、ほかの人に言われなくても、どんどん吸収しようとするものだよね。これから環境エネルギー学科に入ってくる学生にも、まずは興味をもってほしいな。入ってから学ぶ機会はいくらでもあるから、この分野を好きになって、学ぶことを続けていってほしいね。

武澤さんは齋藤研究室の仲間とサイエンス・インカレという、研究発表コンテストに応募。
研究室配属になってから毎日研究室で自習しているそうです。

太陽エネルギー利用拡大に向け
利用効率向上に役立つ研究をしています

太陽エネルギー利用拡大に向け
利用効率向上に役立つ研究をしています

齋藤研究室

太陽エネルギーから電力を取り出すだけでなく、熱利用も図るなど総合的な利用のための研究です。太陽電池の効率低下要因についての研究やキャパシタによる電気を蓄えるシステムの開発を行っています。

齋藤研究室

齋藤輝文 教授

1979年、東北大学工学部原子核工学科卒業。1981年、東北大学大学院工学研究科原子核工学専攻前期課程修了。博士(工学)。通商産業省(現・経済産業省)工業技術院電子技術総合研究所主任研究官、米国国立標準技術研究所(NIST)客員研究員、産業技術総合研究所計測標準研究部門光放射計測科、光放射標準研究室を経て、現職。専門は、太陽電池特性評価、電気二重層キャパシタを組み合わせた蓄電システム。

齋藤研究室ホームページ
https://www.env.tohtech.ac.jp/Laboratory/t05.html

齋藤輝文 教授

気づく→変わる

(教員の役職及び学生の学年は取材当時のものです)

工学部

田河 育也 研究室:田河 育也 先生 × 4年生 宮崎 大輝 さん

電気電子工学科

田河研究室

次世代の高密度磁気記録および磁気センサーの開発

辛島 彰洋 研究室:辛島 彰洋 先生 × 4年生 栁田 琢杜 さん

電気電子工学科

辛島研究室

誰もが簡単に使える「呼吸センサ」を目指します!

葛西 重信 研究室:葛西 重信 先生 × 4年生 佐々木 瞭太 さん・4年生 高橋 雄太郎 さん

電気電子工学科

葛西研究室

バイオセンサーを用いた
最先端のセンシング研究

柴田 憲治 研究室:柴田 憲治 先生×4年生 阿部 千夏 さん

電気電子工学科

柴田研究室

新しい原理で動く
電子デバイスの開発

藤田豊己研究室:藤田 豊己先生×4年生 佐々木 大雅さん(宮城県涌谷高等学校出身)

電気電子工学科

藤田研究室

人間のように考えて
動くロボットを目指して

藤田豊己先生×4年生 菅原宏さん(宮城県米谷工業高等学校出身)

電気電子工学科

藤田研究室

大学の知識をフルに活かし
知能ロボットの完成へ全力注入

水野文雄講師×4年生 小原敬太さん(岩手県立釜石商工高等学校)

電気電子工学科

水野研究室

さまざまな自律型ロボットを製作

角田 裕 研究室:角田 裕 先生 × 4年生 千葉 翔也 さん

情報通信工学科

角田研究室

誰もが安心して使えるネットワークを

野本 俊裕 研究室:野本 俊裕 先生 × 4年生 佐々木 康恩 さん

情報通信工学科

野本研究室

夢のIoTを自分で設計、完成させた達成感が自信に

鈴木 健一 研究室:鈴木 健一 先生 × 4年生 今野 幹也 さん

情報通信工学科

鈴木研究室

課題解決にいち早く着手して、
社会をよくする人に

河野 公一 研究室:河野 公一 先生×4年生 青山 皓 さん

情報通信工学科

河野研究室

3次元ヒストグラムを使った
「電子透かし」の研究

田村研究室:田村 英樹先生×4年生 髙谷 峻弘さん(青森県立青森工業高等学校出身)

情報通信工学科

田村研究室

近未来の生活を変える製品を
生み出すために

中川朋子教授×4年生 中嶋達也さん(岩手県立岩谷堂高等学校出身)

情報通信工学科

中川研究室

自分で考える力を身に付け
宇宙科学に挑む

木戸博先生×4年吉田裕貴さん(福島成蹊高等学校出身)

情報通信工学科

木戸研究室

大好きな推理小説に登場する
声紋に興味をもったことがきっかけ

松田勝敬 先生 ×4年生 工藤駿介さん(秋田県立由利工業高等学校出身)

情報通信工学科

松田研究室

毎日研究が楽しい!
苦手な読書も克服しました

菊池 輝 研究室:菊池 輝 先生 × 4年生 菅原 直樹 さん

都市マネジメント学科

菊池研究室

基礎心理実験を行いながら安全な交通環境を

小出 英夫 研究室:小出 英夫 先生 × 4年生 伊藤 竜弥 さん

都市マネジメント学科

小出研究室

手順を組み立てる訓練を重ねて、その大切さを学びました

泊 尚志 研究室:泊 尚志 先生 × 4年生 村山 拓 さん

都市マネジメント学科

泊研究室

現状や現象を正しく理解することが
もっとも重要

高橋 敏彦 研究室:高橋 敏彦 先生×4年生 小野 智樹 さん

都市マネジメント学科

高橋研究室

正確なデータが
都市マネジメントの基本

千葉研究室:千葉 則行先生×4年生 佐々木 駿さん(岩手県立水沢高等学校出身)

都市マネジメント学科

千葉研究室

物事を俯瞰的に
捉えられる力を養える場所

小出英夫教授×4年生 安達弘晃さん(宮城県宮城野高等学校)

都市マネジメント学科

小出研究室

実践的な研究を通して
将来のビジョンが明確に

千葉則行教授×4年生 久保田晋太郎さん(岩手県立盛岡工業高等学校出身)

都市マネジメント学科

千葉研究室

責任感と達成感、仲間たちの存在…
大学生活から学んだ大事なこと

内田 美穂 研究室:内田 美穂 先生 × 4年生 柳沼 慶行 さん

環境エネルギー学科

内田研究室

環境中に含まれる化学物質を分析・評価

丸尾 容子 研究室:丸尾 容子 先生 × 4年生 齋藤 智輝 さん

環境エネルギー学科

丸尾研究室

学んだのは議論するおもしろさ、ていねいに進めることの大切さ

穴澤 正宏 研究室:穴澤 正宏 先生 × 4年生 佐々木 厳 さん・4年生 松本 渉太 さん

環境エネルギー学科

穴澤研究室

あらゆる問題について、見える形で
提示する術を習得

佐野 哲也 研究室:佐野 哲也 先生 × 4年生 花岡 勇弥・4年生 佐藤 光弘 さん

環境エネルギー学科

佐野研究室

未利用木材を使った舗装材の
可能性を追究

齋藤輝文教授×4年生 武澤港斗さん(宮城県塩釜高等学校出身)

環境エネルギー学科

齋藤研究室

環境をキーワードに
興味の幅がどんどん広がる

小祝慶紀先生×4年生 今野直紀さん(宮城県古川工業高等学校出身)

環境エネルギー学科

小祝研究室

初めて学ぶプログラミングや
研究で培った粘り強さが強みに

佐藤篤准教授×4年生 渡邊翔太さん(宮城県白石工業高等学校出身)

環境エネルギー学科

佐藤研究室

興味のある分野を見つけ
学ぶ楽しみや喜びを実感

ライフデザイン学部

阿部 寛史 研究室:阿部 寛史 先生 × 倉金 奈菜 さん

クリエイティブデザイン学科

阿部研究室

温故知新のデザイン表現を追求する

高木 理恵 研究室:高木 理恵 先生 × 4年生 加藤 亜聖 さん

安全安心生活デザイン学科

高木研究室

安全で快適・健やかな室内環境をデザインします

佐藤 夏子 研究室:佐藤 夏子 先生 × 4年生 角田 皓介さん

経営コミュニケーション学科

佐藤研究室

次世代の高密度磁気記録および磁気センサーの開発

畠山 雄豪 研究室:畠山 雄豪 先生 × 4年生 結城 梨奈 さん・4年生  田村 和真 さん

安全安心生活デザイン学科

畠山研究室

人と人とのつながりから新しい発見を得ました

佐藤 飛鳥 研究室:佐藤 飛鳥 先生 × 4年生 浅野 希莉奈 さん

経営コミュニケーション学科

佐藤研究室

先行研究や事前準備の大切さを実感しました

長崎 智宏 研究室:長崎 智宏 先生 × 4年生 曽根 宏暢 さん

クリエイティブデザイン学科

長崎研究室

音のデザインを通して、
表現の幅が広がる

中島 敏 研究室:中島 敏 先生 × 4年生 小川 侑真 さん

安全安心生活デザイン学科

中島研究室

アイディアから設計まで、
モノづくりのいろはを学ぶ

猿渡 学 研究室:猿渡 学 先生 × 4年生 阿部 若菜 さん

経営コミュニケーション学科

猿渡研究室

映像や写真、音などを通して
第三者に届く表現を模索

中井 周作 研究室:中井 周作 先生×4年生 早坂 舟希 さん

安全安心生活デザイン学科

中井研究室

見え隠れする社会問題に、
社会心理学でアプローチ

大沼研究室:大沼 正寛先生×4年生 阿部 春菜さん

安全安心生活デザイン学科

大沼研究室

豊富なフィールドワークが
問題解決のヒントに

佐藤(飛)研究室:佐藤飛鳥先生×4年生 小川 綾乃さん(宮城県石巻商業高等学校出身)

経営コミュニケーション学科

佐藤(飛)研究室

企業の方々との出会いで見えた、
理想の働き方

両角清隆教授×4年生 菅原綾夏さん(岩手県立盛岡第二高等学校)

クリエイティブデザイン学科

両角研究室

見た目だけではない
使いやすさを追求したデザインを

菊地良覺先生×4年生髙橋さゆりさん(宮城県石巻西高等学校出身)

安全安心生活デザイン学科

菊地研究室

「人が好き」ということが
空間デザインの大切な要素のひとつ

阿部敏哉先生×4年生 田村友里さん(宮城県名取北高等学校出身)

経営コミュニケーション学科

阿部研究室

働くことは楽しい。その気づきが
経営を学び始めたきっかけです

梅田弘樹先生×4年生 小田内里美さん(茨城県立太田第一高等学校出身)

クリエイティブデザイン学科

梅田研究室

企業との共同開発で痛感。
社会って甘くない!

伊藤 美由紀先生×4年生 松本知也さん(宮城県石巻西高等学校出身)

安全安心生活デザイン学科

伊藤研究室

被災者支援の活動を通して
コミュニティの大切さを学びました

佐藤(飛)研究室:佐藤飛鳥先生×4年生 千葉ゆかりさん(宮城県第三女子高等学校出身)

経営コミュニケーション学科

佐藤(飛)研究室

不動産マーケティングを研究中。
研究も就職活動も目標を明確に!

篠原良太 准教授×4年生 米森美香子さん(秋田県立大国際情報学院高校出身)

クリエイティブデザイン学科

篠原研究室

他の人の作品から学ぶ大切さを
4年間を通して実感しました

佐藤(夏)研究室:佐藤夏子 准教授×4年生 中里勇樹さん(仙台育英学園高等学校出身)

経営コミュニケーション学科

佐藤(夏)研究室

世界で活躍するための
実践的な英語力を身に付ける

古川哲哉講師 × 4年生 田中鉄偲さん(青森県立尾上総合高等学校出身)

クリエイティブデザイン学科

古川研究室

制作の楽しさを知った
実習とアートブックフェア

猿渡学准教授×4年生安斉亜実さん(仙台市立仙台商業高等学校出身)

経営コミュニケーション学科

猿渡研究室

経験を重ねて身に付けた
コミュニケーションスキル