東北工業大学

お問い合わせ

資料請求

アクセス

HOME > 大学概要 > 学長室 > 学長メッセージ集

学長メッセージ集

No.46:学位授与式 式辞(要旨)

2019.3.20

 

晴れて学位を授与されたみなさんおめでとうございます。         
東北工業大学を代表して心よりお祝いを申し上げます。本日の学部卒業生は614名、大学院博士(前期)課程修了生は20名、合計634名です。
卒業生、修了生のみなさんは、さまざまな困難を克服し、ご家族の支えと周囲の方のご協力のもとに、本日の学位授与式を迎えました。お祝いとともにみなさんの努力に敬意を表します。またみなさんをご支援され、励ましてくださったご家族をはじめ、すべての方々に感謝とお慶びを申し上げます。
さて本学は、『わが国、特に東北地方の産業界で 指導的役割を担う高度の技術者を養成する』 という建学の精神をもとに1964年に創設されました。すでに半世紀を過ぎ、約36,000名の卒業、修了生を輩出してきました。本学の卒業、修了生は、東日本大震災後の復興はもとより、東北地方のみならず国の内外において、地域を支え、社会に寄与しており、本学の建学の精神が卒業生等によって広く、そして着実に具現化されています。
本学は、建学の精神と教育の理念を端的に表わす「創造から統合へ-仙台からの発進」という大学のスローガンを定めています。卒業、修了にあたり、改めてこのスローガンの意味をかみしめていただきたい。「創造」とは、新たに作ること、新しいものを造りだすことです。みなさんが学んできた学問は、工学、ライフデザイン学ですが、新しい理論、技術、製品、デザイン、環境、そして豊かさなど造りだされるものは広大無辺です。新しいものを考えること、みなさんのような若い人材が育つこと、能力が備わることも創造と考えています。そして「統合」とは、社会や人々の役に立つこと、貢献するということですので、「創造から統合へ」 は、創造されたものを社会に役立てる、世界の人々、人類に貢献することを意味します。
みなさんは在学中に創造および統合する能力を備え、専門家としての必要な素地と人間力を蓄えたことで、大きく成長したと信じています。その能力は、本学の教育で備えるべき学士力として、①知識と理解力、②論理的思考と分析スキル、③協調性と適応力、④コミュニケーションスキル、⑤課題発見とその解決能力、⑥国際理解力と語学力 という6つにまとめています。
本日みなさんはそれぞれの分野の学位を授与されました。本学が示す学士力を備え、それぞれの学位に見合う能力の証としての学位です。これから歩む社会は常に変貌して新たに直面する課題が多いと思いますが、自信を持って誇り高く臨んでいただきたい。みなさんが本学で得たものは、生涯にわたって頼れる能力であり、ポテンシャルとなります。その能力は、経験を重ねることで年齢とともにバージョンアップしていきます。
大学のスローガン「創造から統合へ」は、人生を切り拓いていける言葉でもあります。自分自身の可能性を信じ、社会のため、地域に生きる人々に貢献するために、スローガンにこれからも誠実で、正直に、そして謙虚に取り組み、みなさん自身の定めた目標に向かって歩んでいただきたい。
結びに、本学学歌 4番の歌詞の冒頭部分 「今ここに 心新(あたら)し」 を送ります。仙台の地で成長し、仙台から発進するみなさんの、新しい人生が大きく拓かれ、そして豊かであることを祈念します。

                                           平成31年3月20日  
                                            東北工業大学 学長 今野 弘

                                     

バックナンバー

 

 

 

宮城 光信 前学長 学長通信バックナンバー

PAGE TOP

最終更新日 2019年1月14日