東北工業大学

お問い合わせ

資料請求

アクセス

HOME > 大学概要 > 学長室 > 学長メッセージ集

学長メッセージ集

No.27:虫明康人先生のIEEEマイルストーン*の受賞を記念して
    

2017.8.9

 

* :IEEEマイルストーン(アイトリプルイー マイルストーン)は、IEEE((アイ・トリプル・イー、英: The Institute of Electrical and Electronics Engineers, Inc.)は、アメリカ合衆国に本部を持つ電気工学・電子工学技術の学会である:Wikipedia 2017年8月5日 (土)更新資料より引用)が電気・電子技術やその関連分野における歴史的偉業に対して認定する賞。これに認定されるためには、25年以上に渡って世の中で高く評価を受けてきたという実績が必要である。1983年に制定され、2007年11月現在で96件が認定されている。(以上Wikipedia 2018年1月20日 (土)更新資料より引用)

虫明先生の受賞は「アンテナにおける自己補対の原理と虫明の関係式の発見(1948年)」であり、これはアンテナに関する業績に対する認定です。このたび先生が、このマイルストーンのレプリカを本学にご恵贈くださったので、本学ではそれを本学史料センターに展示して、先生のご業績を称えることとしました。

虫明先生 このたびはIEEEのマイルストーンの受賞 誠におめでとうございます

私は専門外で、この賞のことをよく知らなかったのですが、ただいま上杉学長室長からも紹介がありましたように、IEEEというアメリカに本部を置く電気電子工学の学会の大変に権威のある賞で、歴史的偉業に対して認定する賞ということでした。これに認定されるためには25年以上にわたって世の中で高い評価を受けてきたという実績が必要ということでした。

先生のご研究で、この受賞対象となった研究は、1948年に発表されたということですので実に約70年間高い評価を受けた結果であるということです。実は私は1949年生まれですので、私が生まれる前に出された研究成果であるということになります。
また、マイルストーンは東北大学でも1924年の宇田先生の発明されたアンテナに続くご業績と聞いております。宇田先生は虫明先生の恩師であると伺っておりますが、なんとも素晴らしいことではないかと感じております。

本学は、虫明先生を1984(昭和59)年に第5代の学長としてお迎えし、5年間本学の学長をお務めになり、昭和時代の本学をけん引してこられました。

虫明先生には改めて今回の受賞のお慶びを申し上げますとともに、マイルストーンのレプリカを本学にご恵贈賜りましたこと、大変ありがたく大学を代表して深く感謝申し上げます。

レプリカは、本学のこの史料センターに展示をさせていただき、虫明先生のご業績を学生、卒業生など多くの関係者に公開することで、先生のご業績を本学としても永く称えさせていただきたいと思います。

本日は受賞のお祝いとレプリカご恵贈のお礼とさせていただきます。
おめでとうございます。そして、ありがとうございます。

                                         平成29年8月9日
                                         東北工業大学 学長 今野 弘



バックナンバー

 

 

 

宮城 光信 前学長 学長通信バックナンバー

PAGE TOP

最終更新日 2018年9月13日