東北工業大学

お問い合わせ

資料請求

アクセス

HOME > NEWS & TOPICSプレス・メディア > 本学 建築学科 新井 信幸 准教授らが復興住宅の集会所に食堂を開設し住民らと料理交流をしている記事が読売新聞に掲載されました

NEWS & TOPICS

本学 建築学科 新井 信幸 准教授らが復興住宅の集会所に食堂を開設し住民らと料理交流をしている記事が読売新聞に掲載されました

プレス・メディア

 本学 建築学科 新井 信幸 准教授らが設立した、災害公営住宅(復興住宅)で暮らす住民のコミュニティーづくりを支援するNPO法人「つながりデザインセンター・あすと長町」が、昨年11月に復興住宅の集会所に「食堂」を開き、住民らが得意料理を振る舞ったり一緒に調理したりし交流を深めていることについて、1月11日(水)、読売新聞朝刊に掲載されました。記事には、食堂を開設したきっかけや交流の様子などについて書かれています。
 また、新井 准教授が、「住民の孤立を防ぐのが目的。テーブルの配置を工夫するなどして食堂に来やすい環境を作り、さらに幅広い年代の人が顔を合わせられるようになれば」とコメントしたことが紹介されています。

PAGE TOP

最終更新日 2017年01月20日