東北工業大学

お問い合わせ

資料請求

アクセス

HOME > 気づく→変わる > 篠原研究室:篠原良太 准教授×4年生 米森美香子さん(秋田県立大国際情報学院高校出身)

気づく/変わる | Lab TALK:  教員×学生

ライフデザイン学部クリエイティブデザイン学科

篠原研究室:篠原良太 准教授×4年生 米森美香子さん(秋田県立大国際情報学院高校出身)

大学で初めてデザインを基礎から学んだ

米森 私が中学生の時、5歳年上の兄が工大でデザインを勉強していたんです。その兄からデザインの話を聞き、面白そうだなと思ったのが、この分野に興味を持ったきっかけでした。地元の駅に張られている大きなポスターを見て、いつかこういうものを作る人になりたいと思っていました。
篠原 就職は広告会社の制作だよね。じゃあ、中学生の頃に考えていた方向で学科を選び、4年間学び、就職も決めたんだね。着実にステップアップしてきたね。4年間で印象に残っている授業は何?
米森 好きだった平面系のデザインの勉強ができて楽しかったです。それから、映像の授業が印象に残っています。映像には特に興味があったわけではなかったんですが、授業を受けてから映像をつくる面白さを知りました。

「最初は使い方が分からなかった映像ソフトやCGの使い方、写真撮影のアポ取りとか、できることがどんどん増えていっているね」と篠原先生

「最初は使い方が分からなかった映像ソフトやCGの使い方、写真撮影のアポ取りとか、できることがどんどん増えていっているね」と篠原先生

篠原 1年次には造形の基礎もあったけど、造形の授業はどうだった?
米森 商業高校だったので、造形をやったことがなかったんです。最初は分からないことが多くて焦りました。先生からダメ出しもたくさん受けていたし。でも最終的には優秀者にも選ばれて、頑張った成果が出たことがとてもうれしかったです。
篠原 金属加工や石膏も、大学に入るまでは、やったことなかったんだね。
米森 はい。デザインを基礎から教えていただいたことが良かったと感じています。きちんと基礎を学んでいたことが、今の作品づくりにも生きていると思います。

他の人の作品を見ることの大切さ

篠原 米森さんは1年次の頃から授業に関係なく、「作品を作ったから見てください」と言ってよく研究室に来ていたよね。
米森 はい。作品を持っていったり、分からないことを質問したり、相談したり、何かある度に篠原先生を訪ねていました。
篠原 作品をどこかへ応募するときも、このデザインでいいだろうかと聞きに来ていた思い出があるよ。
米森 1年次の頃は特に何も分かっていなかったので、作品を作って、見ていただいて、アドバイスを聞いて、ということをとにかく繰り返していました。
篠原 1年次の頃の米森さんの作品は、今から比べると正直、「うーん……」というところがあったんだよ(笑)。でも、学年が上がるにつれて作品が良くなってきた。デザインされたものへの審美眼が磨かれたっていう感じかな。

「1年次の頃はやりたいことの理想と、自分の実力との差が大きかったですね」と話す米森さん

「1年次の頃はやりたいことの理想と、自分の実力との差が大きかったですね」と話す米森さん

米森 いろいろな作品を見るようになったからだと思います。最初は何も見ずに、ひたすら作っていたんです。でも先生が授業で、「まずいろんな物を見た方がいいよ。見て、いいところを学ぶところから始めた方がいい」とおっしゃり、それからダイレクトメールやフライヤーを集めるようになったんです。今も集めて家にファイリングしたものがいっぱいあります。
篠原 見て学ぶと変わるんだよ。他の人の作品を見たり、技術を学んだりする中で、デザインする力は養われるんだ。米森さんも、作品の幼さがなくなってきたね。
米森 ありがとうございます。いろいろな作品と比べて、自分の作品はこういうところがダメだ、ということろが分かるようになりました。
篠原 学科での学びと、サークルでの学び、アルバイト先など社会での学び、すべてでコツコツ勉強していたことが身についた結果、物を作る能力があがったね。4年間を通して物を作るということや、人に届くものを作るにはどれだけ力を入れなくてはいけないか、ということが分かったと思うんだ。就職してからも、心を込めて作るべきだと思うし、そうあってほしいな。
米森 デザインの厳しさを知った上でも、やっぱりデザインの仕事を選びたいと思った今の気持ちを忘れずに、仕事もがんばっていきたいと思います。
篠原 さらにいい作品づくりを頑張ってね。

米森さんの卒業制作は映像と写真を融合させた表現作品

米森さんの卒業制作は映像と写真を融合させた表現作品

グラフィックデザインや3DCGを用いたグラフィック表現を研究します

篠原研究室

グラフィックデザインや3DCGを用いたイラストレーション・動画制作など、自らの想像力次第で柔軟に形を変えていくコンピュータという画材を通して、「表現すること」とはどういった行為なのかを考えます。

篠原研究室

篠原良太 准教授

1993年東北工業大学工学部工業意匠学科卒業。工学士。株式会社ソノベ、学校法人日本コンピュータ学園東北電子専門学校グラフィックデザイン科、東北福祉大学総合福祉部情報福祉学科などを経て、東北工業大学ライフデザイン学部クリエイティブデザイン学科准教授就任。東北イラストレーターズクラブ会員。

http://www.shinolab.com/

篠原良太 准教授

気づく→変わる

工学部

加納研究室

知能エレクトロニクス学科

水野研究室

ものづくりを通して
知識や技術を学ぶ

藤田研究室 菅原宏さん

知能エレクトロニクス学科

藤田研究室

大学の知識をフルに活かし
知能ロボットの完成へ全力注入

木戸博研究室

情報通信工学科

木戸研究室

大好きな推理小説に登場する
声紋に興味をもったことがきっかけ

中川朋子研究室

情報通信工学科

中川研究室

自分で考える力を身に付け
宇宙科学に挑む

松田研究室

情報通信工学科

松田研究室

毎日研究が楽しい!
苦手な読書も克服しました

上杉研究室

情報通信工学科

上杉研究室

最先端の光通信を研究。
自分の力で道を切り開く分野です

船木研究室

建築学科

石井研究室

仲間と製作することで
広げていった世界観

船木研究室

建築学科

船木研究室

高校で学ぶことに無駄はない。
全部が今の研究に役立っています

新井研究室

建築学科

新井研究室

建物の"ストーリー"を描ける
建築家になりたい

渡邉浩文研究室

建築学科

渡邉研究室

快適な生活空間を追求するため
大学院で専門性を深めたい

小出研究室

都市マネジメント学科

今西研究室

最先端の技術にふれ、
考え方や気持ちにも変化が

小出研究室

都市マネジメント学科

小出研究室

実践的な研究を通して
将来のビジョンが明確に

千葉研究室

都市マネジメント学科

千葉研究室

責任感と達成感、仲間たちの存在…
大学生活から学んだ大事なこと

村井研究室

都市マネジメント学科

村井研究室

大学で身につけたスキルを使い
防災や都市計画に携わりたい

齋藤輝文研究室

環境エネルギー学科

齋藤輝文研究室

環境をキーワードに
興味の幅がどんどん広がる

佐藤篤研究室

環境エネルギー学科

佐藤篤研究室

興味のある分野を見つけ
学ぶ楽しみや喜びを実感

小祝研究室

環境エネルギー学科

小祝研究室

初めて学ぶプログラミングや
研究で培った粘り強さが強みに

宮本研究室

環境エネルギー学科

宮本研究室

宇宙太陽光発電の実現が夢。
エネルギー業界の発展に貢献したい

ライフデザイン学部

古川研究室

クリエイティブデザイン学科

古川研究室

制作の楽しさを知った
実習とアートブックフェア

篠原研究室

クリエイティブデザイン学科

篠原研究室

他の人の作品から学ぶ大切さを
4年間を通して実感しました

両角研究室

クリエイティブデザイン学科

両角研究室

見た目だけではない
使いやすさを追求したデザインを

梅田研究室

クリエイティブデザイン学科

梅田研究室

企業との共同開発で痛感。
社会って甘くない!

両角研究室

安心安全生活デザイン学科

福留研究室

「安心して暮らせる町」って?
地域新聞から考える町のデザイン

伊藤研究室

安全安心生活デザイン学科

伊藤研究室

被災者支援の活動を通して
コミュニティの大切さを学びました

菊地研究室

安全安心生活デザイン学科

菊地研究室

「人が好き」ということが
空間デザインの大切な要素のひとつ

猿渡研究室

経営コミュニケーション学科

猿渡研究室

経験を重ねて身に付けた
コミュニケーションスキル

両角研究室

経営コミュニケーション学科

佐藤(夏)研究室

世界で活躍するための
実践的な英語力を身に付ける

阿部研究室

経営コミュニケーション学科

阿部研究室

働くことは楽しい。その気づきが
経営を学び始めたきっかけです

佐藤(飛)研究室

経営コミュニケーション学科

佐藤(飛)研究室

不動産マーケティングを研究中。
研究も就職活動も目標を明確に!

PAGE TOP

最終更新日 2017年4月19日