東北工業大学

お問い合わせ

資料請求

アクセス

HOME > 気づく→変わる > LAB TALK:古川哲哉講師 × 4年生 田中鉄偲さん(青森県立尾上総合高等学校出身)

気づく/変わる | Lab TALK:  教員×学生

ライフデザイン学部クリエイティブデザイン学科 古川研究室

LAB TALK:古川哲哉講師 × 4年生 田中鉄偲さん(青森県立尾上総合高等学校出身)

作ることの楽しさを教えてくれた実習とアートブックフェア

田中 大学の授業で一番心に残っているのは、3年次の実習ですね。グループで一つのものを作った時の団結力が忘れられません。みんなが考えていることはそれぞれ違うので、意見をまとめて一つのものを作るのは大変なんですが、その分みんなと話し合いながら作ることができて楽しかったです。
古川 グループで作業する場合、自分の意見を強く出しすぎてもいけないし、逆に引いてしまうと存在感がなくなってしまう。そういう作業は大学の時に経験することが大事だよね。実践に近いかたちでのグループ実習は今後役に立つと思うよ。
田中 一人で作業していると自分のイメージにとらわれてしまうことが多いんですが、他の人の意見を聞くと、「そういう手もあるのか」と新たな発見に気付きますね。みんなの案を聞きながら制作していくと、思ってもみなかったものができたりしておもしろかったです。

「最初は使い方が分からなかった映像ソフトやCGの使い方、写真撮影のアポ取りとか、できることがどんどん増えていっているね」と篠原先生

高校からパソコンのデザイン制作に興味があったという田中さん。「内定先の印刷会社でも大学で学んだ技術を生かして人の役に立ちたいです」

古川 1年次には造形の基礎もあったけど、造形の授業はどうだった?
田中 商業高校だったので、造形をやったことがなかったんです。最初は分からないことが多くて焦りました。先生からダメ出しもたくさん受けていたし。でも最終的には優秀者にも選ばれて、頑張った成果が出たことがとてもうれしかったです。
古川 金属加工や石膏も、大学に入るまでは、やったことなかったんだね。
田中 はい。デザインを基礎から教えていただいたことが良かったと感じています。きちんと基礎を学んでいたことが、今の作品づくりにも生きていると思います。

他の人の作品を見ることの大切さ

古川 田中くんは、大学でデザインを学んでから何か変わった?
田中 以前より身の回りにあるものをよく見るようになりました。例えば雑貨店に行って、「こういうデザインがあるんだ」とか思ったり。製品のデザインに目が行くようになりましたね。そのデザインを見て自分がどう思うかが大切なんだと気付きました。
古川 そうだね。田中くんは自ら進んで制作に取り組むし、作りながらいろいろなことを学んでいる印象だな。研究室のみんなで「THE TOKYO ART BOOK FAIR」に出展したことも勉強になったんじゃない? 田中くんが作ったブックカバーは結構売れたよね。

「1年次の頃はやりたいことの理想と、自分の実力との差が大きかったですね」と話す米森さん

田中さんが作ったブックカバー。約20種類の作品が完成

田中 はい。このフェアは来場者の数も多いですし、いろいろな人に自分の作品を見てもらえてうれしかったです。自分がデザインして作ったものがたくさんの人の目にふれるというのは、大学の中だけではできない経験だと思いました。
古川 「THE TOKYO ART BOOK FAIR」に出展する話をしたら、研究室のみんながやる気になってくれて私もうれしかった。来場者のダイレクトな反応を見て、みんなも感じることがあったと思う。そこでの経験を卒業制作に生かすことができたし、出展してよかったよね。



自分のアイデアがつまった卒業制作「ブックカバー」

田中 ブックカバーを卒業制作に選んだのは、本を読むことが好きなのもあるんですけど、ブックカバーにもう少し価値観をもたせたかったのが一番の理由ですね。本を覆うだけの道具だとつまらないなと思って。
古川 田中くんはブックカバーについてしっかり調べていて感心したよ。ブックカバーは日本特有の文化だとか、日本と海外の違いや本来の目的をリサーチした上で、デザインを考えていったんだよね。
田中 そうですね。ブックカバーの役割は本を保護することなんですけど、それにデザインをちょっと付け足して、従来のブックカバーと差別化を図りたかったんです。
古川 単なる装飾的なものではなく、工夫が必要だよね。例えば、本を開いた時、トランプを持っているように見えるデザインとか。そういう仕掛けがおもしろいと思ったよ。
田中 ありがとうございます。でも、デザインのバリエーションを考えるのには苦労しました。
古川 アイデアの部分だね。田中くんは苦労しながらも、たくさんのアイデアを出していたよね。アイデアを生み出すことって大変だし苦労もあるけど、大切な作業だから。その点、自分でアイデアを出して形づくっていく卒業制作はいいきっかけになったと思う。これから仕事に就いても、自分のアイデアをどんどん出して、自分で何かを生み出せるような人になってほしいな。

米森さんの卒業制作は映像と写真を融合させた表現作品

本を開いた時の楽しさを感じられるブックカバーは本好きの田中さんならではのアイデアが満載

グラフィックデザインの
可能性を追求します

古川研究室

グラフィックデザインの事例などを踏まえながら、デザインとその周辺にあるさまざまな表現方法について見つめ直し、研究と制作を行っています。また、デザインの可能性を追求し、社会と向き合うことのできる人材の育成も目指しています。

古川研究室

古川哲哉 講師

東北学院大学教養学部卒業。(株)デザイン倶楽部などを経て、2007年、古川哲哉デザイン事務所設立。同年東北芸術工科大学大学院修士課程デザイン工学専攻入学。2009年に修了後、大学非常勤講師としてデザイン教育にかかわり、2012年から現職。グラフィックデザイナー。主に仙台で開催される美術や映像、ダンスなどのデザインを中心に活動。

http://www.life.tohtech.ac.jp/creative/laboratory/furukawa.html

篠原良太 准教授

気づく→変わる

工学部

加納研究室

知能エレクトロニクス学科

水野研究室

ものづくりを通して
知識や技術を学ぶ

藤田研究室 菅原宏さん

知能エレクトロニクス学科

藤田研究室

大学の知識をフルに活かし
知能ロボットの完成へ全力注入

木戸博研究室

情報通信工学科

木戸研究室

大好きな推理小説に登場する
声紋に興味をもったことがきっかけ

中川朋子研究室

情報通信工学科

中川研究室

自分で考える力を身に付け
宇宙科学に挑む

松田研究室

情報通信工学科

松田研究室

毎日研究が楽しい!
苦手な読書も克服しました

上杉研究室

情報通信工学科

上杉研究室

最先端の光通信を研究。
自分の力で道を切り開く分野です

船木研究室

建築学科

石井研究室

仲間と製作することで
広げていった世界観

船木研究室

建築学科

船木研究室

高校で学ぶことに無駄はない。
全部が今の研究に役立っています

新井研究室

建築学科

新井研究室

建物の"ストーリー"を描ける
建築家になりたい

渡邉浩文研究室

建築学科

渡邉研究室

快適な生活空間を追求するため
大学院で専門性を深めたい

小出研究室

都市マネジメント学科

今西研究室

最先端の技術にふれ、
考え方や気持ちにも変化が

小出研究室

都市マネジメント学科

小出研究室

実践的な研究を通して
将来のビジョンが明確に

千葉研究室

都市マネジメント学科

千葉研究室

責任感と達成感、仲間たちの存在…
大学生活から学んだ大事なこと

村井研究室

都市マネジメント学科

村井研究室

大学で身につけたスキルを使い
防災や都市計画に携わりたい

齋藤輝文研究室

環境エネルギー学科

齋藤輝文研究室

環境をキーワードに
興味の幅がどんどん広がる

佐藤篤研究室

環境エネルギー学科

佐藤篤研究室

興味のある分野を見つけ
学ぶ楽しみや喜びを実感

小祝研究室

環境エネルギー学科

小祝研究室

初めて学ぶプログラミングや
研究で培った粘り強さが強みに

宮本研究室

環境エネルギー学科

宮本研究室

宇宙太陽光発電の実現が夢。
エネルギー業界の発展に貢献したい

ライフデザイン学部

古川研究室

クリエイティブデザイン学科

古川研究室

制作の楽しさを知った
実習とアートブックフェア

篠原研究室

クリエイティブデザイン学科

篠原研究室

他の人の作品から学ぶ大切さを
4年間を通して実感しました

両角研究室

クリエイティブデザイン学科

両角研究室

見た目だけではない
使いやすさを追求したデザインを

梅田研究室

クリエイティブデザイン学科

梅田研究室

企業との共同開発で痛感。
社会って甘くない!

両角研究室

安心安全生活デザイン学科

福留研究室

「安心して暮らせる町」って?
地域新聞から考える町のデザイン

伊藤研究室

安全安心生活デザイン学科

伊藤研究室

被災者支援の活動を通して
コミュニティの大切さを学びました

菊地研究室

安全安心生活デザイン学科

菊地研究室

「人が好き」ということが
空間デザインの大切な要素のひとつ

猿渡研究室

経営コミュニケーション学科

猿渡研究室

経験を重ねて身に付けた
コミュニケーションスキル

両角研究室

経営コミュニケーション学科

佐藤(夏)研究室

世界で活躍するための
実践的な英語力を身に付ける

阿部研究室

経営コミュニケーション学科

阿部研究室

働くことは楽しい。その気づきが
経営を学び始めたきっかけです

佐藤(飛)研究室

経営コミュニケーション学科

佐藤(飛)研究室

不動産マーケティングを研究中。
研究も就職活動も目標を明確に!

PAGE TOP

最終更新日 2017年4月19日