東北工業大学

お問い合わせ

資料請求

アクセス

HOME > 気づく→変わる > 水野研究室:水野文雄先生×4年生 小原敬太さん(岩手県立釜石商工高等学校)

気づく/変わる | Lab TALK:  教員×学生

工学部 知能エレクトロニクス学科 水野研究室

LAB TALK:水野文雄講師×4年生 小原敬太さん(岩手県立釜石商工高等学校)

ものづくりを通して身に付けた知識や技術

小原 大学で電気・回路関係を学びたいと思い、知能エレクトロニクス学科を志望しました。入学当時からものづくりをする仕事をしたいと思っていたので、その通りの就職先を決めることができてうれしいです。

「小原さんが研究室の仲間と「国際ナノ・マイクロアプリケーションコンテスト」で最優秀ポスター賞を受賞したデジタル火力調節器

小原さんが研究室の仲間と「国際ナノ・マイクロアプリケーションコンテスト」で最優秀ポスター賞を受賞したデジタル火力調節器

水野 ものをつくるためには材料を揃えたり加工したり、さまざまな工程があるよね。それを面倒くさがらずにフットワーク良く行動できる小原君は、ものづくりに向いていると思うな。
小原 ありがとうございます。好きなことだから、楽しくできているのかもしれません。せっかく大学に入学したので、ものづくりのほかにも、いろんなことにチャレンジしたいと思っていました。学科では、IC製作や薬品を使った実験など、高校とは全く違う学びができて楽しいです。
水野  興味をもって手を動かす、ということがとても大事なんだ。だから水野研究室は、つくることを通して知識や技術を習得していくという方針なんだよ。
小原 たしかに、研究室では「国際ナノ・マイクロアプリケーションコンテスト」に出展したデジタル火力調節器など、製作を通して学ぶことが多かったと感じています。
水野 何かを覚えてから行動しようと思うと、何十年もかかってしまうことがあるんだよね。それよりも、実際に作って動かしていくうちに、必要な知識が見えてくると思うので、その時にしっかり勉強すればいいと思うんだ。学生のうちはたくさん失敗をして、そこから多くのこと学んでほしいな。

卒業研究は福祉に役立つ移動トイレを製作

研究室にはBCIの実験をするための計測装置などが備わっている。

カメレオンの視野(両眼独立視)を体験できる機器。小原さんはオープンキャンパスでこの機器に触れて、知能エレクトロニクス学科への思いが強まったそうです。

水野 卒業研究は順調かな?
小原 はい。歩いてトイレに行けない体の不自由な人のために、逆にトイレが人に近づいてくるという移動トイレの製作をしているんですが、プログラミングが難しいです。
水野  障害物をよけて目的の位置まで移動させるためには、測域センサの既存のプログラムをかなり書き直さなくてはいけないからね。
小原 今はまだコントローラで動かしている状態ですが、ボタン一つで移動できるように試行錯誤しています。
水野 今の研究のすべてが就職してすぐに使えるわけではないかもしれないけれど、将来的には何かにつなげてほしいね。就職先では新しい技術を開発したり、現場の改善をしたりすることが求められていくと思うんだ。もちろんすぐには無理だと思うけれど、長いスパンで考えて、努力をし続けてほしいね。
小原 大学でいろいろなことを学んで、少しずつ成長できた自分を感じているので、これからも目の前にあることを一つ一つクリアしながら、頑張っていきたいと思います。

「小原君は研究室の室長として、細かいところまで気が付くところが信頼できるね」と水野先生

「小原君は研究室の室長として、細かいところまで気が付くところが信頼できるね」と水野先生

脳活動を計測してヒトの意図を推定します

水野研究室

着用できるコンピュータであるウェアラブルコンピュータや、事故や災害時に迅速に対応できるレスキューロボット、遠隔操作型コミュニケーションロボットなどの開発を行い、メカトロニクスを医療や福祉の支援技術に応用するための研究を行っています。

加納研究室

水野文雄 講師

2000年、名古屋工業大学工学部機械工学科卒業。2002年、東北大学大学院工学研究科博士課程前期2年の課程修了。2005年、東北大学大学院博士後期3年課程修了。博士(工学)。名古屋工業大学寄附講座研究員、名古屋大学寄附講座助手、東北工業大学工学部講師を経て、現職。専門は、生体情報モニタリング用ウェアラブルコンピュータの開発。

http://www.eis.tohtech.ac.jp/study/labs/mizuno.html

加納慎一郎 准教授

気づく→変わる

工学部

加納研究室

知能エレクトロニクス学科

水野研究室

ものづくりを通して
知識や技術を学ぶ

藤田研究室 菅原宏さん

知能エレクトロニクス学科

藤田研究室

大学の知識をフルに活かし
知能ロボットの完成へ全力注入

木戸博研究室

情報通信工学科

木戸研究室

大好きな推理小説に登場する
声紋に興味をもったことがきっかけ

中川朋子研究室

情報通信工学科

中川研究室

自分で考える力を身に付け
宇宙科学に挑む

松田研究室

情報通信工学科

松田研究室

毎日研究が楽しい!
苦手な読書も克服しました

上杉研究室

情報通信工学科

上杉研究室

最先端の光通信を研究。
自分の力で道を切り開く分野です

船木研究室

建築学科

石井研究室

仲間と製作することで
広げていった世界観

船木研究室

建築学科

船木研究室

高校で学ぶことに無駄はない。
全部が今の研究に役立っています

新井研究室

建築学科

新井研究室

建物の"ストーリー"を描ける
建築家になりたい

渡邉浩文研究室

建築学科

渡邉研究室

快適な生活空間を追求するため
大学院で専門性を深めたい

小出研究室

都市マネジメント学科

今西研究室

最先端の技術にふれ、
考え方や気持ちにも変化が

小出研究室

都市マネジメント学科

小出研究室

実践的な研究を通して
将来のビジョンが明確に

千葉研究室

都市マネジメント学科

千葉研究室

責任感と達成感、仲間たちの存在…
大学生活から学んだ大事なこと

村井研究室

都市マネジメント学科

村井研究室

大学で身につけたスキルを使い
防災や都市計画に携わりたい

齋藤輝文研究室

環境エネルギー学科

齋藤輝文研究室

環境をキーワードに
興味の幅がどんどん広がる

佐藤篤研究室

環境エネルギー学科

佐藤篤研究室

興味のある分野を見つけ
学ぶ楽しみや喜びを実感

小祝研究室

環境エネルギー学科

小祝研究室

初めて学ぶプログラミングや
研究で培った粘り強さが強みに

宮本研究室

環境エネルギー学科

宮本研究室

宇宙太陽光発電の実現が夢。
エネルギー業界の発展に貢献したい

ライフデザイン学部

古川研究室

クリエイティブデザイン学科

古川研究室

制作の楽しさを知った
実習とアートブックフェア

篠原研究室

クリエイティブデザイン学科

篠原研究室

他の人の作品から学ぶ大切さを
4年間を通して実感しました

両角研究室

クリエイティブデザイン学科

両角研究室

見た目だけではない
使いやすさを追求したデザインを

梅田研究室

クリエイティブデザイン学科

梅田研究室

企業との共同開発で痛感。
社会って甘くない!

両角研究室

安心安全生活デザイン学科

福留研究室

「安心して暮らせる町」って?
地域新聞から考える町のデザイン

伊藤研究室

安全安心生活デザイン学科

伊藤研究室

被災者支援の活動を通して
コミュニティの大切さを学びました

菊地研究室

安全安心生活デザイン学科

菊地研究室

「人が好き」ということが
空間デザインの大切な要素のひとつ

猿渡研究室

経営コミュニケーション学科

猿渡研究室

経験を重ねて身に付けた
コミュニケーションスキル

両角研究室

経営コミュニケーション学科

佐藤(夏)研究室

世界で活躍するための
実践的な英語力を身に付ける

阿部研究室

経営コミュニケーション学科

阿部研究室

働くことは楽しい。その気づきが
経営を学び始めたきっかけです

佐藤(飛)研究室

経営コミュニケーション学科

佐藤(飛)研究室

不動産マーケティングを研究中。
研究も就職活動も目標を明確に!

PAGE TOP

最終更新日 2017年4月19日