東北工業大学

お問い合わせ

資料請求

アクセス

HOME > 気づく→変わる > 藤田豊己先生×4年生 菅原宏さん(宮城県米谷工業高等学校出身)

気づく/変わる | Lab TALK:  教員×学生

工学部 知能エレクトロニクス学科

藤田研究室:藤田豊己先生×4年生 菅原宏さん(宮城県米谷工業高等学校出身)

大学の知識を生かして作る知能ロボット

菅原 高校時代からロボットを作っていた僕にとって、ロボット研究をしている藤田研究室は魅力的でした。オープンキャンパスの時に、在校生が作った知能ロボットを見て、自分もこういうロボットを作って大会に出たいって思ったんです。

大学の知識を生かして作る知能ロボット

菅原さんは電脳からくり部にも所属。卒業後は半導体の企業に就職予定です

藤田 高校と大学ではロボットの作り方が全然違うだろ?
菅原 そうですね。高校では手動のロボットでしたし、知識がないまま作っていて…。でも、大学ではボタン一つで動くロボットを作ることができてうれしかったです。
藤田 いま研究室で作っているロボットはマイクロコンピュータにプログラムを組み込んで動かすものだから、そのための技術が必要となってくる。実はロボットを作ることは、C言語とか電気回路とか大学で学んだ知識が生かされているんだよ。
菅原 研究室で出場した知能ロボットコンテストを通じても、新たなノウハウや知識を得ることができましたね。チームで作業することの大変さだったり、先輩の教えだったり、一人でやっていたらわからなかったことも経験できました。
藤田 私の研究室は学生に任せている部分が多いから、その分、主体的にやらなければならない。何をするにしても自分から動かないと身に付かないからね。仲間と力を合わせることも社会生活では必要なことだから、いい経験になったと思うよ。

根気強く頑張って大きな喜びに

菅原さんのロボットは大会で2次予選に進出し、研究室の過去最高を記録しました

根気強く頑張って大きな喜びに

藤田 ロボット製作は、地道な作業の繰り返しだから根気が必要だよね。作業中にぶつかる壁を打破して、根気強く、粘り強く頑張れば、ロボットが動いた時の喜びが待っている。みんなにはその喜びを知ってほしいな。
菅原 はい、実際にロボットが動いた時はそれまでの苦労が報われた瞬間ですよね。
藤田 もちろん技術や知識は必要なんだけど、最後は「ロボットを動かそう」という気持ちが大事。その気持ちがあれば、少々の苦しみも乗り越えられるはずだよ。
菅原 そうですね。卒業研究では、パラレルリンクを使ったロボットのアームを作るので頑張らないと。パラレルリンクは先生の授業で知ったんです。
藤田 パラレルリンクについては授業でサラッと話しただけなんだけど、興味をもって自分で勉強してくれたんだね。菅原くんは、自分がやりたいと思ったことに自分から動いて突き進む力がある。積極的な姿勢で希望をもって向かうことは、何事にも必要だよ。
菅原 卒業して就職しても、自分で考えて動く姿勢は大事にしたいです。
藤田 そうだね。今までやってきたことに自信をもって、さらに上を目指してほしいな。

さまざまな自律型ロボットを製作

さまざまな自律型ロボットを製作

知的サポートできるロボット機能の研究をしています

藤田研究室

ロボットの自律行動に必要な視覚機能や環境認識機能など、人間を知的にサポートできるロボット機能について研究しています。移動ロボットの設計や製作、制御・動作ソフトウェアの開発のほか、CCDカメラを使用したビジョンシステムの構築などを行います。

藤田研究室

藤田 豊己 准教授

1989年東北大学工学部機械工学科卒業。東北大学大学院工学研究科博士課程修了。博士(工学)。電気通信大学大学院情報システム学研究科助手、カリフォルニア大学バークレー校研究員、EUプロジェクト研究員を経て、現職。主な研究テーマは、不整地移動ロボットの開発と環境認識、移動ロボットの視覚機能、人間の視覚特性に関する研究。担当科目は、ロボティクス、制御工学、プログラミング演習IIほか。

http://www.tohtech.ac.jp/~elecs/ca/teachingstaff/labo/fujita/

藤田 豊己 准教授

気づく→変わる

工学部

加納研究室

知能エレクトロニクス学科

水野研究室

ものづくりを通して
知識や技術を学ぶ

藤田研究室 菅原宏さん

知能エレクトロニクス学科

藤田研究室

大学の知識をフルに活かし
知能ロボットの完成へ全力注入

木戸博研究室

情報通信工学科

木戸研究室

大好きな推理小説に登場する
声紋に興味をもったことがきっかけ

中川朋子研究室

情報通信工学科

中川研究室

自分で考える力を身に付け
宇宙科学に挑む

松田研究室

情報通信工学科

松田研究室

毎日研究が楽しい!
苦手な読書も克服しました

上杉研究室

情報通信工学科

上杉研究室

最先端の光通信を研究。
自分の力で道を切り開く分野です

船木研究室

建築学科

石井研究室

仲間と製作することで
広げていった世界観

船木研究室

建築学科

船木研究室

高校で学ぶことに無駄はない。
全部が今の研究に役立っています

新井研究室

建築学科

新井研究室

建物の"ストーリー"を描ける
建築家になりたい

渡邉浩文研究室

建築学科

渡邉研究室

快適な生活空間を追求するため
大学院で専門性を深めたい

小出研究室

都市マネジメント学科

今西研究室

最先端の技術にふれ、
考え方や気持ちにも変化が

小出研究室

都市マネジメント学科

小出研究室

実践的な研究を通して
将来のビジョンが明確に

千葉研究室

都市マネジメント学科

千葉研究室

責任感と達成感、仲間たちの存在…
大学生活から学んだ大事なこと

村井研究室

都市マネジメント学科

村井研究室

大学で身につけたスキルを使い
防災や都市計画に携わりたい

齋藤輝文研究室

環境エネルギー学科

齋藤輝文研究室

環境をキーワードに
興味の幅がどんどん広がる

佐藤篤研究室

環境エネルギー学科

佐藤篤研究室

興味のある分野を見つけ
学ぶ楽しみや喜びを実感

小祝研究室

環境エネルギー学科

小祝研究室

初めて学ぶプログラミングや
研究で培った粘り強さが強みに

宮本研究室

環境エネルギー学科

宮本研究室

宇宙太陽光発電の実現が夢。
エネルギー業界の発展に貢献したい

ライフデザイン学部

古川研究室

クリエイティブデザイン学科

古川研究室

制作の楽しさを知った
実習とアートブックフェア

篠原研究室

クリエイティブデザイン学科

篠原研究室

他の人の作品から学ぶ大切さを
4年間を通して実感しました

両角研究室

クリエイティブデザイン学科

両角研究室

見た目だけではない
使いやすさを追求したデザインを

梅田研究室

クリエイティブデザイン学科

梅田研究室

企業との共同開発で痛感。
社会って甘くない!

両角研究室

安心安全生活デザイン学科

福留研究室

「安心して暮らせる町」って?
地域新聞から考える町のデザイン

伊藤研究室

安全安心生活デザイン学科

伊藤研究室

被災者支援の活動を通して
コミュニティの大切さを学びました

菊地研究室

安全安心生活デザイン学科

菊地研究室

「人が好き」ということが
空間デザインの大切な要素のひとつ

猿渡研究室

経営コミュニケーション学科

猿渡研究室

経験を重ねて身に付けた
コミュニケーションスキル

両角研究室

経営コミュニケーション学科

佐藤(夏)研究室

世界で活躍するための
実践的な英語力を身に付ける

阿部研究室

経営コミュニケーション学科

阿部研究室

働くことは楽しい。その気づきが
経営を学び始めたきっかけです

佐藤(飛)研究室

経営コミュニケーション学科

佐藤(飛)研究室

不動産マーケティングを研究中。
研究も就職活動も目標を明確に!

PAGE TOP

最終更新日 2017年4月19日