東北工業大学

お問い合わせ

資料請求

アクセス

HOME > 気づく→変わる > 小出研究室:小出英夫教授×4年生 安達弘晃さん(宮城県宮城野高等学校)

気づく/変わる | Lab TALK:  教員×学生

工学部 都市マネジメント学科 小出研究室

LAB TALK:小出英夫教授 × 4年生 安達弘晃さん(宮城県宮城野高等学校)

学んだことが自分の将来に直結

安達 コンクリートに興味をもったきっかけは、2年生の時に履修した小出先生の授業です。
ちょっとした配合の変化で性質がさまざまに変わるのが興味深く、研究しがいがありそうだと思いました。

「船木先生はとっても話しかけやすくて、フレンドリーです」と三浦さん

「小出先生はとってもフレンドリー。ユーモアもあって、授業も分かりやすいです」と安達さん

小出 安達くんが研究している再生コンクリートの分野は、特におもしろい分野だよね。1960~70年代に建てられた建物が、これからの数十年でさらにたくさん解体される。その過程で出てくる廃コンクリートをいかにリサイクルするか、というのは今後の大きな課題なんだ。これから注目されていく分野だと思うよ。
安達 自分が将来どんな技術者になるのか、早い段階から明確なビジョンをもてるのが都市マネジメント学科のいいところですよね。学んだことが働くことに直結する印象があります。高校の時は、ずっと机に張り付いて、勉強ばかりしていました。でも大学では、科目も時間も自分で管理して進められる。さまざまな授業を通して、将来の選択肢が、具体的に想像できるようになりました。
小出 目標がしっかりしているから、就職活動で苦労する学生も少ないんだよ。僕の研究室は、毎年就職率がほぼ100%なのが自慢なんだ。
安達 僕が就職するのは、主に共同溝などのインフラ工事を請け負う専門会社です。若い会社なので、いろいろな分野にチャレンジできそうで、ワクワクしています。
小出 再生コンクリートの分野は、時代の最先端を行く分野だからね。きっと何年後かに、今の研究が仕事の役に立つと思うよ。

失敗を通して段取りの大切さを痛感

船木研究室で考案した制震ダンパーは評価が高く、実用化されたものもある

廃コンクリートを使って、強度の高い再生コンクリートを作るための研究をしています

安達 研究室で卒業研究を始めてから、研究でも日常生活でも、段取りやスケジュールをきちんと考えてから進めるクセがついたように思います。
小出 そうだね、実験の段取りや計画を立てるのは段違いにうまくなったよね。前はよく失敗したりしていたけどね。
安達 はい。一番印象に残っているのは、強度の計算を間違えて試験の設定をし、実験用のコンクリートをダメにしてしまったことですね。実験用のコンクリートは、固まるまで1カ月近く待たないといけないので、一度失敗すると1カ月研究が滞るんです。あれには参りましたね。きちんと段取りして、スケジュール通りに進める大切さを身に染みて学びました。
小出 相手に伝わるように話したり、論理的に文章を書いたりするスキルも身に付いたように思うよ。
安達 ありがとうございます。先生に分かりやすく教えていただいたおかげです。それに実験は、研究室の皆と協力して進めないといけないので、上手にコミュニケーションをとる方法も分かってきた気がします。話し合いながら何かをやり遂げる経験が、自分を成長させてくれているな、と日々感じています。

研究室の仲間はみんな仲がよいそう。「三浦くんは研究室のムードメーカーです」と船木先生

「工大には、世界的にも数少ないコンクリートの実験装置があります。文字通り最先端の研究ができるんです」と小出先生

強度の高い再生コンクリートを作るための研究をしています

小出研究室

都市の構築に不可欠な「材料」に関する問題を扱う研究室。役目が終わったコンクリート構造物やコンクリート塊を、新たな材料として再利用するための実験・研究を中心に、省資源・省エネルギーなどに関わるさまざまな研究を行います。

小出研究室

小出英夫 教授

1990年東北大学大学院工学研究科博士課程修了(土木工学専攻)。工学博士。同大助手を経て現職。2012年より学科長。主な研究テーマは、廃コンクリートの再利用などについて。

http://www.tohtech.ac.jp/~civis/doboku/koide/koide.htm

小出英夫 教授

気づく→変わる

工学部

加納研究室

知能エレクトロニクス学科

水野研究室

ものづくりを通して
知識や技術を学ぶ

藤田研究室 菅原宏さん

知能エレクトロニクス学科

藤田研究室

大学の知識をフルに活かし
知能ロボットの完成へ全力注入

木戸博研究室

情報通信工学科

木戸研究室

大好きな推理小説に登場する
声紋に興味をもったことがきっかけ

中川朋子研究室

情報通信工学科

中川研究室

自分で考える力を身に付け
宇宙科学に挑む

松田研究室

情報通信工学科

松田研究室

毎日研究が楽しい!
苦手な読書も克服しました

上杉研究室

情報通信工学科

上杉研究室

最先端の光通信を研究。
自分の力で道を切り開く分野です

船木研究室

建築学科

石井研究室

仲間と製作することで
広げていった世界観

船木研究室

建築学科

船木研究室

高校で学ぶことに無駄はない。
全部が今の研究に役立っています

新井研究室

建築学科

新井研究室

建物の"ストーリー"を描ける
建築家になりたい

渡邉浩文研究室

建築学科

渡邉研究室

快適な生活空間を追求するため
大学院で専門性を深めたい

小出研究室

都市マネジメント学科

今西研究室

最先端の技術にふれ、
考え方や気持ちにも変化が

小出研究室

都市マネジメント学科

小出研究室

実践的な研究を通して
将来のビジョンが明確に

千葉研究室

都市マネジメント学科

千葉研究室

責任感と達成感、仲間たちの存在…
大学生活から学んだ大事なこと

村井研究室

都市マネジメント学科

村井研究室

大学で身につけたスキルを使い
防災や都市計画に携わりたい

齋藤輝文研究室

環境エネルギー学科

齋藤輝文研究室

環境をキーワードに
興味の幅がどんどん広がる

佐藤篤研究室

環境エネルギー学科

佐藤篤研究室

興味のある分野を見つけ
学ぶ楽しみや喜びを実感

小祝研究室

環境エネルギー学科

小祝研究室

初めて学ぶプログラミングや
研究で培った粘り強さが強みに

宮本研究室

環境エネルギー学科

宮本研究室

宇宙太陽光発電の実現が夢。
エネルギー業界の発展に貢献したい

ライフデザイン学部

古川研究室

クリエイティブデザイン学科

古川研究室

制作の楽しさを知った
実習とアートブックフェア

篠原研究室

クリエイティブデザイン学科

篠原研究室

他の人の作品から学ぶ大切さを
4年間を通して実感しました

両角研究室

クリエイティブデザイン学科

両角研究室

見た目だけではない
使いやすさを追求したデザインを

梅田研究室

クリエイティブデザイン学科

梅田研究室

企業との共同開発で痛感。
社会って甘くない!

両角研究室

安心安全生活デザイン学科

福留研究室

「安心して暮らせる町」って?
地域新聞から考える町のデザイン

伊藤研究室

安全安心生活デザイン学科

伊藤研究室

被災者支援の活動を通して
コミュニティの大切さを学びました

菊地研究室

安全安心生活デザイン学科

菊地研究室

「人が好き」ということが
空間デザインの大切な要素のひとつ

猿渡研究室

経営コミュニケーション学科

猿渡研究室

経験を重ねて身に付けた
コミュニケーションスキル

両角研究室

経営コミュニケーション学科

佐藤(夏)研究室

世界で活躍するための
実践的な英語力を身に付ける

阿部研究室

経営コミュニケーション学科

阿部研究室

働くことは楽しい。その気づきが
経営を学び始めたきっかけです

佐藤(飛)研究室

経営コミュニケーション学科

佐藤(飛)研究室

不動産マーケティングを研究中。
研究も就職活動も目標を明確に!

PAGE TOP

最終更新日 2017年4月19日