東北工業大学

お問い合わせ

資料請求

アクセス

HOME > 気づく→変わる > 石井敏先生×建築学科4年佐藤すみれさん(一関学院高等学校出身)

気づく/変わる | Lab TALK:  教員×学生

工学部 建築学科

LAB TALK:石井敏教授×4年生 佐藤すみれさん(一関学院高等学校出身)

空間デザインの仕事に憧れて建築の世界へ

石井 佐藤さんはなぜ建築学科に入学したの?
佐藤 高校生のときにテレビで空間デザイナーを見て、多くの人が訪れる場所をデザインする仕事ってすてきだなと思ったんです。もともとデザインをしたり、物を作ったりすることが好きだったこともあり、建築の勉強をしたいと思って建築学科に入学しました。

震災で学科内の親友を亡くした佐藤さん。
好きな勉強をできる環境に感謝し、「二人分頑張ろう」と心に決めて努力してきました

石井 実際に大学で勉強してみて、どう感じたかな?
佐藤 1年生の頃から設計の授業が好きでした。自分で考えることも楽しいんですが、同じ課題に対して、他の学生がどういうものを作っているのかということを見るのも刺激になりました。
石井  建築って、講義の授業だけでは分かりにくくて、人が考えていることを聴いたり、自分の考えを話したり、さらには人が手を動かして実際にやっている様子を見たりすることで、得られることって多いんだよね。だから設計課題でも、卒業研究の制作でも、みんながいるところで一緒に作業することが実はすごく大切なんだよ。お互いに刺激になり、切磋琢磨する状況が生まれるしね。

夢は家族の店をデザインすること

石井 佐藤さんは学内の学びはもちろん、学外でもいろいろな勉強をしていたよね。
佐藤 台湾留学や設計事務所でのインターンシップなど、貴重な経験がたくさんできました。インターンシップでは、実際の打ち合わせで使う模型の制作をさせていただきましたが、学校の課題と違い、実際に建つものをつくる工程に参加する責任の大きさを感じました。
石井  実際の設計事務所でそういう経験をすると、大学でやっている勉強だけでは全然足りないということが分かるし、一方で、基礎になっていることは大学で学んでいることにほかならないということも分かるでしょう。ところで、台湾留学はどうだったかな?
佐藤 他の国の学生と設計をすることで、ものの見方や考え方に柔軟性がでてきたように思います。台湾の先生や学生からたくさんの影響を受けました。
石井  社会や文化のより異なる価値観があること、ものの見方や考え方はいろいろあるということを知って視野を広げることは、建築をするためにはすごく重要だよ。佐藤さんは大学院に進学が決まっているけど、大学院ではいろいろな経験をすることに加えて、さらに知識を増やし理論をもっと学ばなくてはいけないね。じっくりと本を読んだり、文章を書いたりすることを通して考えることも学生の間しかできないことだからね。将来はどんな仕事に就きたいと思っているの?
佐藤 商業施設の空間デザインをしたいと思っています。それと、パティシエの勉強をしている弟がいるので、彼がいつか店を出すときには、私がデザインしてあげたいなと思っています。
石井  すごくいい夢だね。十分実現可能な夢だと思うよ。そのためにはたくさん勉強をして、一級建築士の資格もとらないといけないね。
佐藤 はい!夢に向かって頑張ります。

模型の制作も、プレゼンテーションのための資料の作成も、自分の考えを人に伝えるための大切なツール。
建築学科では1年生から設計とプレゼンテーションを繰り返し行います

古い建物やまちを現代に活かす研究をしています

石井研究室

高齢者のための施設や生活環境づくりを専門としています。特に要介護時や認知症になった時は、介護はもちろんですが、その人の暮らしと介護を支える適切な環境が必要。どのような空間に身を置くかによって、その人の行動や生活の質は大きく左右されます。高齢期の暮らしを豊かにするための生活環境をどのように計画し、築くかについて、建築計画の視点から追求します。

新井研究室

石井敏 教授

1993年、東北大学工学部建築学科卒業。2001年、東京大学大学院工学系研究科建築学専攻、博士後期課程修了。博士(工学)。東北工業大学工学部建築学科講師、同助教授を経て、現職。これまで東北文化学園大学、東北大学大学院、宮城大学でも非常勤講師を務める。専門は建築計画(施設計画)、環境心理・環境デザイン。

http://arch-tohtech.net/laboratory/ishii/

新井 信幸 講師

気づく→変わる

工学部

加納研究室

知能エレクトロニクス学科

水野研究室

ものづくりを通して
知識や技術を学ぶ

藤田研究室 菅原宏さん

知能エレクトロニクス学科

藤田研究室

大学の知識をフルに活かし
知能ロボットの完成へ全力注入

木戸博研究室

情報通信工学科

木戸研究室

大好きな推理小説に登場する
声紋に興味をもったことがきっかけ

中川朋子研究室

情報通信工学科

中川研究室

自分で考える力を身に付け
宇宙科学に挑む

松田研究室

情報通信工学科

松田研究室

毎日研究が楽しい!
苦手な読書も克服しました

上杉研究室

情報通信工学科

上杉研究室

最先端の光通信を研究。
自分の力で道を切り開く分野です

船木研究室

建築学科

石井研究室

仲間と製作することで
広げていった世界観

船木研究室

建築学科

船木研究室

高校で学ぶことに無駄はない。
全部が今の研究に役立っています

新井研究室

建築学科

新井研究室

建物の"ストーリー"を描ける
建築家になりたい

渡邉浩文研究室

建築学科

渡邉研究室

快適な生活空間を追求するため
大学院で専門性を深めたい

小出研究室

都市マネジメント学科

今西研究室

最先端の技術にふれ、
考え方や気持ちにも変化が

小出研究室

都市マネジメント学科

小出研究室

実践的な研究を通して
将来のビジョンが明確に

千葉研究室

都市マネジメント学科

千葉研究室

責任感と達成感、仲間たちの存在…
大学生活から学んだ大事なこと

村井研究室

都市マネジメント学科

村井研究室

大学で身につけたスキルを使い
防災や都市計画に携わりたい

齋藤輝文研究室

環境エネルギー学科

齋藤輝文研究室

環境をキーワードに
興味の幅がどんどん広がる

佐藤篤研究室

環境エネルギー学科

佐藤篤研究室

興味のある分野を見つけ
学ぶ楽しみや喜びを実感

小祝研究室

環境エネルギー学科

小祝研究室

初めて学ぶプログラミングや
研究で培った粘り強さが強みに

宮本研究室

環境エネルギー学科

宮本研究室

宇宙太陽光発電の実現が夢。
エネルギー業界の発展に貢献したい

ライフデザイン学部

古川研究室

クリエイティブデザイン学科

古川研究室

制作の楽しさを知った
実習とアートブックフェア

篠原研究室

クリエイティブデザイン学科

篠原研究室

他の人の作品から学ぶ大切さを
4年間を通して実感しました

両角研究室

クリエイティブデザイン学科

両角研究室

見た目だけではない
使いやすさを追求したデザインを

梅田研究室

クリエイティブデザイン学科

梅田研究室

企業との共同開発で痛感。
社会って甘くない!

両角研究室

安心安全生活デザイン学科

福留研究室

「安心して暮らせる町」って?
地域新聞から考える町のデザイン

伊藤研究室

安全安心生活デザイン学科

伊藤研究室

被災者支援の活動を通して
コミュニティの大切さを学びました

菊地研究室

安全安心生活デザイン学科

菊地研究室

「人が好き」ということが
空間デザインの大切な要素のひとつ

猿渡研究室

経営コミュニケーション学科

猿渡研究室

経験を重ねて身に付けた
コミュニケーションスキル

両角研究室

経営コミュニケーション学科

佐藤(夏)研究室

世界で活躍するための
実践的な英語力を身に付ける

阿部研究室

経営コミュニケーション学科

阿部研究室

働くことは楽しい。その気づきが
経営を学び始めたきっかけです

佐藤(飛)研究室

経営コミュニケーション学科

佐藤(飛)研究室

不動産マーケティングを研究中。
研究も就職活動も目標を明確に!

PAGE TOP

最終更新日 2017年4月19日