東北工業大学

お問い合わせ

資料請求

アクセス

HOME > 気づく→変わる > 船木研究室:船木尚己准教授×4年生 三浦隆史さん(宮城県多賀城高等学校)

気づく/変わる | Lab TALK:  教員×学生

工学部 建築学科 船木研究室

LAB TALK:船木尚己准教授 × 4年生 三浦隆史さん(宮城県多賀城高等学校)

高校の勉強が大学の研究の基礎に

三浦 高校生の時に建築に対して持っていたイメージは、「かっこいい建物を作る人」というような、漠然としたものでした。でも、大学で構造設計や耐震構造の勉強を始めて、どんなに見た目がよくても、すぐ壊れてしまっては意味がないんだ、ということに初めて気が付いたんです。

「船木先生はとっても話しかけやすくて、フレンドリーです」と三浦さん

「船木先生はとっても話しかけやすくて、フレンドリーです」と三浦さん

船木 そうなんだ。構造設計は人々の命を預かる技術なんだよ。大学で専門的な勉強をして初めて気が付くことも多いでしょう。
三浦 そうですね。高校の時と違って、大学では自分の好きな分野を思い切り極めることができる。おもしろいし、やる気もでます。
船木 そうそう。それで、大学の勉強が面白くなってくると、高校の勉強をもっとしておけばよかった…って後悔するんだよね。
三浦 そうなんです!高校のときは、自分のしている勉強が何の役に立つのか理解できなかったけど、今は「微積分も物理もやっておいてよかったー!!」って思います。高校の勉強が大学の研究のベースになりましたね。ただ、国語や英語の勉強をもっとしておけばよかった、と後悔しています。
船木 国語や英語も思った以上に必要でしょう。
三浦 高校では理系の勉強を重点的にやっていましたが、今思えば文系の勉強にも力を入れておくべきでした。論理的に文章を書いたり読んだりする力を身につけておきたかったですね。

建築家にはコミュニケーション力が不可欠

船木研究室で考案した制震ダンパーは評価が高く、実用化されたものもある

建物の微振動を測定する装置。測定により建物の耐震性能を確認できる

船木 三浦くんは、仙台市内の構造設計事務所に就職が決まったんだったよね。
三浦 はい、先生のご指導のおかげでスムーズに決まりました。
船木 自分のビジョンをきちんと持っていて、それを上手に表現できる人は、すぐ決まるんだよ。コミュニケーション力の勝利だよ。
三浦 ありがとうございます。実は僕、高校の時は人見知りだったんです。いつも同じ仲間と遊んでばかりいました。でも、大学に入るとそうもいかなくて。塾講師のバイトをはじめたり、自分なりに努力した甲斐があって、今では人前でしゃべるのも苦手じゃなくなりました。
船木 そうだったんだね。建築は、多くの人と会話しながら作り上げていく仕事なんだ。施主や構造設計士、デザイン設計担当や建設会社の人。ほかにもたくさんの人とコミュニケーションをとりながら進めないといけない。コミュニケーション力は、建築を仕事にする者にとって、とっても大事なスキルなんだよ。
三浦 少し分かる気がします。建物は、自分本位に作ってはいけないんですよね。
船木 その通り。安全面もデザイン面も、すべてを最大限に考慮したものが良い設計なんだ。話し合いを重ねながら、最善のものを目指していく仕事なんだよ。
三浦 はい。大学で学んだことを生かして、就職先でも頑張りたいと思います。

研究室の仲間はみんな仲がよいそう。「三浦くんは研究室のムードメーカーです」と船木先生

研究室の仲間はみんな仲がよいそう。「三浦くんは研究室のムードメーカーです」と船木先生

開発途上国の地震被害を軽減する免震システムの研究をしています

船木研究室

地震による建物の倒壊を防ぐための構法である、制振構造や免震構造の研究をしています。 現在は、開発途上国の地震被害を軽減するための新しい免震システムやダンパーの開発を進めています。

船木研究室

船木尚己 准教授

1999年東北工業大学大学院工学研究科建築学専攻博士課程修了。以後、同学講師を経て現職。日本建築学会会員。主な研究テーマは、制震装置の研究・開発。研究室で開発した制震装置(乱流ダンパー)は、八木山キャンパスの10号館に導入されている。

http://stactrsv.arch.tohtech.ac.jp/earchs/staff/funaki.html

船木尚己 准教授

気づく→変わる

工学部

加納研究室

知能エレクトロニクス学科

水野研究室

ものづくりを通して
知識や技術を学ぶ

藤田研究室 菅原宏さん

知能エレクトロニクス学科

藤田研究室

大学の知識をフルに活かし
知能ロボットの完成へ全力注入

木戸博研究室

情報通信工学科

木戸研究室

大好きな推理小説に登場する
声紋に興味をもったことがきっかけ

中川朋子研究室

情報通信工学科

中川研究室

自分で考える力を身に付け
宇宙科学に挑む

松田研究室

情報通信工学科

松田研究室

毎日研究が楽しい!
苦手な読書も克服しました

上杉研究室

情報通信工学科

上杉研究室

最先端の光通信を研究。
自分の力で道を切り開く分野です

船木研究室

建築学科

石井研究室

仲間と製作することで
広げていった世界観

船木研究室

建築学科

船木研究室

高校で学ぶことに無駄はない。
全部が今の研究に役立っています

新井研究室

建築学科

新井研究室

建物の"ストーリー"を描ける
建築家になりたい

渡邉浩文研究室

建築学科

渡邉研究室

快適な生活空間を追求するため
大学院で専門性を深めたい

小出研究室

都市マネジメント学科

今西研究室

最先端の技術にふれ、
考え方や気持ちにも変化が

小出研究室

都市マネジメント学科

小出研究室

実践的な研究を通して
将来のビジョンが明確に

千葉研究室

都市マネジメント学科

千葉研究室

責任感と達成感、仲間たちの存在…
大学生活から学んだ大事なこと

村井研究室

都市マネジメント学科

村井研究室

大学で身につけたスキルを使い
防災や都市計画に携わりたい

齋藤輝文研究室

環境エネルギー学科

齋藤輝文研究室

環境をキーワードに
興味の幅がどんどん広がる

佐藤篤研究室

環境エネルギー学科

佐藤篤研究室

興味のある分野を見つけ
学ぶ楽しみや喜びを実感

小祝研究室

環境エネルギー学科

小祝研究室

初めて学ぶプログラミングや
研究で培った粘り強さが強みに

宮本研究室

環境エネルギー学科

宮本研究室

宇宙太陽光発電の実現が夢。
エネルギー業界の発展に貢献したい

ライフデザイン学部

古川研究室

クリエイティブデザイン学科

古川研究室

制作の楽しさを知った
実習とアートブックフェア

篠原研究室

クリエイティブデザイン学科

篠原研究室

他の人の作品から学ぶ大切さを
4年間を通して実感しました

両角研究室

クリエイティブデザイン学科

両角研究室

見た目だけではない
使いやすさを追求したデザインを

梅田研究室

クリエイティブデザイン学科

梅田研究室

企業との共同開発で痛感。
社会って甘くない!

両角研究室

安心安全生活デザイン学科

福留研究室

「安心して暮らせる町」って?
地域新聞から考える町のデザイン

伊藤研究室

安全安心生活デザイン学科

伊藤研究室

被災者支援の活動を通して
コミュニティの大切さを学びました

菊地研究室

安全安心生活デザイン学科

菊地研究室

「人が好き」ということが
空間デザインの大切な要素のひとつ

猿渡研究室

経営コミュニケーション学科

猿渡研究室

経験を重ねて身に付けた
コミュニケーションスキル

両角研究室

経営コミュニケーション学科

佐藤(夏)研究室

世界で活躍するための
実践的な英語力を身に付ける

阿部研究室

経営コミュニケーション学科

阿部研究室

働くことは楽しい。その気づきが
経営を学び始めたきっかけです

佐藤(飛)研究室

経営コミュニケーション学科

佐藤(飛)研究室

不動産マーケティングを研究中。
研究も就職活動も目標を明確に!

PAGE TOP

最終更新日 2017年4月19日