東北工業大学

東北工業大学

都市マネジメント学科 | 研究室・教員紹介
都市マネジメント学科 | 研究室・教員紹介

都市マネジメント学科

研究室・教員紹介

  > 学部・大学院 > 工学部 > 都市マネジメント学科 > 研究室・教員紹介 > 中山 正与

工学部 都市マネジメント学科/エンジニアコース

中山正与研究室

人工湿地を用いた
省エネルギー・低コストの排水処理

人工湿地とは処理対象の排水を目的レベルにまで浄化できるように工学的に設計し、製作した人工的な湿地です。これは土壌層に排水を浸透させ、土壌の浄化能力や植栽した植物の吸収などの自然浄化メカニズムを人工的にコントロールすることで水質浄化性能を高めたシステムです。その特徴として省エネルギー、低コスト、自然な景観や生物の生息場を与えることなどが挙げられます。

中山 正与

教授

中山 正与

NAKAYAMA Masatomo

学位

博士(工学) 東北大学1998年9月

略歴

1977年3月 東北工業大学 工学部 卒業
1977年4月 - 1992年3月 東北工業大学 工学部 都市マネジメント学科 助手
1986年4月 - 1987年3月 建設省土木研究所 下水道部 部外研究員(1年間)
1992年4月 - 1999年3月 東北工業大学 工学部 都市マネジメント学科 講師
1999年4月 - 2002年3月 東北工業大学 工学部 都市マネジメント学科 助教授
2002年4月 - 現在 東北工業大学 工学部 都市マネジメント学科 教授

研究分野

水環境、排水処理、廃棄物最終処分場などに関する研究

担当科目

  • 都市環境工学
  • 都市工学実験Ⅱ

研究室所属学生の卒業研修(論文/設計/制作)

  • 多段人工湿地による高塩分最終処分場浸出水の処理
  • 家庭用人工湿地の処理性能
  • 水辺の健やかさ指標を用いた都市小河川の調査

教員からのメッセージ

どのような分野について勉強や仕事をするにしても、対象としている事柄について深く理解ができ、それについて分かってくると楽しいものです。身近にも大きな問題がたくさんあります。これからもそれらの解明に向けて好奇心を持って勉強や研究を続けたいと思います。

研究室・教員紹介へ戻る

学部・大学院