東北工業大学

お問い合わせ

資料請求

アクセス

安全安心生活デザイン学科

安全安心生活デザイン学科

Department of Life Design for Safety and Amenity

  • 学科概要
  • 授業紹介
  • カリキュラム
  • 教員・研究室
  • 将来
  • 学科サイト

教員・研究室紹介

菊地研究室

菊地 良覺 教授

対談 : 菊地良覺先生×4年生髙橋さゆりさん

菊地 良覺 教授 KIKUCHI Ryogaku

学位:工学士
研究分野:地域デザイン、スペースデザイン

地域のくらしとせいさんを皆で考えましょう

生活者の目線に立ったデザインが特に必要な時代になったと言えます。日常不断の生活実践(掃除・洗濯・料理など)から必ずと言って多くの課題が見えてきます。

また、個々の住まいから地域までも視野に入れた課題を探りつつ、新たなデザイン提案を試みことが如何に楽しいことかを是非知っていただきたいと思います。生活そのもののデザインを多くの人々とやり取りしつつ、より豊かなものにしたいと思われる方は大いに歓迎いたします。

地域資源を活かした長く使えるモノづくり

小山研究室

小山 祐司 教授

小山 祐司 教授KOYAMA Yuji

学位:工学修士
研究分野:日本建築史より具体的には、住宅史、都市空間史、建築生産技術史、建築文化財の復原修復

日本の住まいを歴史や文化から考えます

私たちの周辺には、歴史的な背景や価値を持っている城下町や、住宅遺産などが数多くあります。これらは、過去から現在までをつなぐものです。これらを知り、新しいものを生み出すために、地域・住まいの空間構成をひもとき、これからの地域・文化・暮らしに役立つ知見を追求しています。具体的には、歴史的町並みなどの空間構成や、古民家の間取り、インテリア空間・道具・人間の関わり方を、生活文化・様式を通して考えています。

生活文化から考える町の構成や住宅空間

中島研究室

中島 敏 教授

中島 敏 教授NAKAJIMA Satoshi

学位:工学士
研究分野:トレーニング用運動器具及び各種補助器具等の デザイン研究

「ひと、もの、こと」の関係をスマートにデザインします

運動工学(人の筋肉の構造やサイズや仕組み)やバリアフリー&ユニバーサルデザイン等の基礎研究を活かした、さまざまな生活応用のデザイ研究開発がテーマです。より人間が快適に幸せに暮らすための、「ひと、もの、こと」の関係を「いっしょけんめい」調査し考え想像し試行錯誤を繰り返しながらスマートなデザインを創ります

「集まって住むこと」の魅力をデザインする

大沼研究室

大沼 正寛 教授

大沼 正寛 教授ONUMA Masahiro

学位:博士(工学)
研究分野:風土の醸成に寄与する建築設計・地域計画および建築歴史地理

東北らしい地域住環境デザインをめざします

大切な建物や場所を記録し、保全する。地域のくらしや生産のしくみを探る。後世に残せる建築や風景をつくり育てる。そうして地域が固有の価値を深めていくことが目標です。東北の町や村を歩き、調査や設計、環境づくりを実践します。

地域のかたちやしくみを考え、未来に伝える

ta武山研究室

武山 倫 教授

武山 倫 教授TAKEYAMA Hitoshi

学位:芸術学修士
研究分野:サステイナブルデザイン・クリマデザイン・PLEAデザイン

自然エネルギー利用と持続可能な建築

建築は常に環境に応答しながら室内気候を作っています。室内気候は、機械設備を駆使する前に、デザインできることが沢山あります。建物が計画される場所の気候を分析して、周辺のあらゆる自然環境因子と親和しながら、室内気候の変化にゆるやかな起伏があることを許容する持続可能な建築を考えます。

自然エネルギー利用と持続可能な建築

伊藤研究室

伊藤 美由紀 准教授

対談 : 伊藤 美由紀先生×4年生 松本知也さん

伊藤 美由紀 准教授ITO Miyuki

学位:修士(看護学)
研究分野:がん看護学、広域看護学

心身ともに癒やされる快適なデザインを考えます

伊藤研究室では、人々の心と身体の健康を維持できる安全で安心な生活や社会について考えます。子どもから高齢者までの発達の特徴、心身に起こる疾患や機能障害の理解を深め、それぞれに合った支援や心身ともに癒やされる快適なデザインとは何かを研究します。生活者の視点に立ち、誰にでも使いやすい道具や人にやさしい住空間などをデザインするだけでなく、人々のつながり、自助や共助を高めるためのデザインをできる技能を身につけます。

心身ともに癒やされる 快適なデザインを考察

古山研究室

古山 周太郎 准教授

古山 周太郎 准教授KOYAMA Syutaro

学位:博士(工学)
研究分野:福祉コミュニティデザイン、まちづくり、地域福祉

福祉の視点からコミュニティをかたち創ります

地域社会の抱える課題や問題を、子供、高齢者、障害者の暮らしから捉え直し、コミュニティをかたちづくりながら解決していく試みが「福祉コミュニティデザイン」です。地域の現場を体感し、そこで暮らす多様なひとたちの声を聞きくことから、道のりは始まります。研究室では、実際の地域や活動に携わりながら、教育、復興、福祉、計画、支援など様々な角度から調査・研究をすすめていきます。

地域のかたちやしくみを考え、未来に伝える

高木研究室

高木 理恵 准教授

高木 理恵 准教授TAKAKI Rie

学位:博士(工学)
研究分野:建築環境工学、住居環境学

安全で快適な室内環境のデザインを目指します

建物は私たちの生活空間を形成し、外部環境の物理的環境要素(熱、空気、音、光)を透過、遮断、緩和することにより、生活空間にふさわしい室内環境を作り出します。安全で安心かつ健やかで快適な室内環境を、より少ないエネルギーで、さらに再生可能エネルギーによる置換で実現するために、建物の外部環境と室内環境、建物に備えられた環境調整のための機能、設備や機器の性能とそれらの運用方法を調査し、環境調整の在り方について考えます。

室内環境デザイン
中井研究室

 

中井 周作 講師

中井 周作 講師NAKAI Syusaku

学位:修士(工学)
研究分野:高齢者の交通安全教育、震災時の避難移動手段選択に関する研究、交通行動分析

社会問題の顕在化とその対策の提案

社会に潜在している問題を調査より明らかにし、社会心理学を用いたアプローチよりその問題の解決策を探り、より安全で安心で快適な生活を営める社会のあり方を追求します。また、避難行動に関する教材を開発し、適切な避難を考えてもらう実践的な研究も行います。

地域との対話から安全で住みやすい生活を考える

PAGE TOP

最終更新日 2018年9月13日