東北工業大学

お問い合わせ

資料請求

アクセス

経営コミュニケーション学科

経営コミュニケーション学科

Department of Environment and Energy

  • 学科概要
  • 授業紹介
  • カリキュラム
  • 教員・研究室
  • 将来
  • 学科サイト

教員・研究室紹介

経営コース

阿部研究室

阿部 敏哉 教授

対談 : 阿部敏哉先生×4年生 田村友里さん

●阿部 敏哉 教授ABE Toshiya

学位:博士(経営学)
研究分野:経営管理、組織心理学

人間の心理を学び、組織の行動と
そこで幸せに生きる方法を考える

私たちは学校やサークル、家庭など様々な組織で生きています。企業に限らず、そうした組織に所属する個人の心理を通して組織の行動を理解することを目的としています。組織社会をよりよく生きる方法を一緒に考えてみませんか。

個人の心理や行動から組織運営を考える

金井研究室

金井 辰郎 教授

●金井 辰郎 教授KANAI Tatsuro

学位:博士(経済学)
研究分野:経済理論・経済学史

日本経済の歴史を学び不況脱却のカギを探る

日本経済論をテーマに研究を進めます。第二次世界大戦後、日本がなぜ経済大国となることができたのか、その理由を考える中で、低迷している日本経済復活のカギを探るのが目標です。

日本経済の歴史を学び不況脱却のカギを探る

小祝 慶紀 准教授

●小祝 慶紀 教授KOIWAI Hironori

学位:博士(経済学)
研究分野:環境経済学、法と経済学、環境政策学

環境に優しい社会の実現に向けた環境経済学

環境に優しい生活・社会に導くための経済環境学を研究します。この基礎にあるものはコストとインセンティブ。この2つの関係をもとに、ゴミやエネルギーといった環境問題に取り組み、いかにして意識せず環境を守れるかを考えます。

社会・経済システムから環境を考える

成川研究室

成川 正晃 教授

●成川 正晃 教授NARIKAWA Masateru

学位:経営学修士
研究分野:会計情報を用いた企業分析

会計情報を用いて企業行動を考察し社会を見る目を養う

会計情報は、社会を映す鏡ともいわれます。会計情報がいかに作成されているのか、またどのように開示されているのかを学びます。会計情報の作りかたを理解することで、より良い会計情報の利用者となることができます。

コミュニケーションを学びグローバルに活躍する人材に

佐藤(飛)研究室

佐藤 飛鳥 准教授

対談 : 佐藤飛鳥先生×4年生 千葉ゆかりさん

●佐藤 飛鳥 准教授SATO Asuka

学位:博士(経済学)
研究分野:アメリカ労働市場論、非正規雇用問題、新産業と雇用の創出、マーケティング

マーケティングの手法を使った
ソリューションを研究する

企業が新商品を開発する際に、学生もアイデアを出しながらマーケティングプロセスを共同で行ったり、顧客が求めるイベントを考えデータを取りながら実践したりと、地域支援という視点でのマーケティングを研究しています。

就労のメカニズムと売れる商品の開発法を研究

亀井研究室

亀井 あかね 講師

亀井 あかね 講師KAMEI Akane

学位:修士(情報科学)
研究分野:社会調査、ソーシャルネットワーク分析、人的資本と社会関係資本の研究

調査的な手法で社会の諸問題を分析

社会調査手法を使い、現代社会がどのようにしてつくられてきたのかを研究。ジェンダー(性)による格差など、社会の構造や人間相互間で生じる問題について分析します。「社会調査士」の資格修得もサポートします。

調査的な手法で社会の諸問題を分析

コミュニケーションコース

岡部研究室

岡部 雅夫 教授

岡部 雅夫 教授 OKABE Masao

学位:博士(工学)
研究分野:オントロジー、ナレッジマネジメント、情報システム

情報を活用しより豊かな社会を実現する力を身につける

情報を活用して、社会や企業経営をより良くしていくためには、どうすれば良いか、そのためには、どのような情報システムが必要かを研究します。その中で、現在のコンピュータの限界を知り、逆に、人間の素晴らしさを知ることも、学びの重要な点だと思っています。

個人の心理や行動から組織運営を考える

宮曽根研究室

宮曽根 美香 教授

宮曽根 美香 教授MIYASONE Mika

学位:博士(教育学)
研究分野:レトリックコミュニケーション、早期英語教育、リーディングにおける音韻処理

コミュニケーションを学びグローバルに活躍する人材に

現代人に求められる「対人コミュニケーション」「ビジネスコミュニケーション」「異文化コミュニケーション」「英語コミュニケーション」の4つの領域を学び、グローバルに活躍できる力を身に付けます。

コミュニケーションを学びグローバルに活躍する人材に

大石研究室

二瀬 由理 准教授

●大石 加奈子 准教授OHISHI Kanako

学位:博士(学術)
研究分野:目標達成と自発行動促進のためのコミュニケーション・スキル開発

人と人との心を繋ぎ、
やる気を引き出すコミュニケーションスキル

経営成功のためには、関係する人々の心を繋ぎ、一人ひとり強みを活かせ、やる気を起こせる環境をつくることです。本研究室ではそれを実現させるコミュニケーションの技術を学び、組織発展を支援する方法を一緒に探求していきます。

個人の心理や行動から組織運営を考える

佐藤(夏)研究室

佐藤 夏子 准教授

対談 : 佐藤夏子先生×4年生 中里勇樹さん

●佐藤 夏子 准教授SATO Natsuko

学位:修士(記述・応用言語学)
研究分野:英語習得と学習者要因、ICTと英語学習

実践的英語力を高め異文化理解を深める

効果的な英語学習法と教授法、インターネットによるコミュニケーション、通訳を通じた異文化コミュニケーションなどについて研究しています。本研究室では異文化理解を深め、英語力を高めることを重視した活動と研究に日々励んでいます。

世界で活躍するための実践的な英語力を身に付ける

猿渡研究室

猿渡 学 准教授

対談 : 猿渡学准教授×4年生安斉亜実さん

猿渡 学 准教授SARUWATARI Manabu

学位:修士(文学)
研究分野:映像制作、映像理論、表象文化論

映像作りを通して表現について学ぶ

映像表現の可能性やメディアの在り方について考察・研究します。映画やドラマ、プロモーションビデオなどの分析を通して映像表現の手法や技術について学ぶほか、映像作品を自分たちの手で制作し、発表することも可能です。音楽表現を研究する設備なども整っています。

映像作りを通して表現について学ぶ

二瀬研究室

二瀬 由理 准教授

●二瀬 由理 准教授NINOSE Yuri

学位:博士(文学)
研究分野:認知心理学、実験心理学

人の認知行動の特性を解明し
経営やコミュニケーションに応用

ICT(情報コミュニケーション技術)の活用、情報の分析・活用をベースとしつつも、「学生時代にしか学べないことを学ぶ」をモットーに、学生は思い思いのテーマに取り組みます。安易に答えを求めず、とことん考えます。

実験的な研究を行い、人間の特性を解明する

PAGE TOP

最終更新日 2019年7月12日