東北工業大学

東北工業大学

情報通信工学科 | ピックアップ・カリキュラム
情報通信工学科 | ピックアップ・カリキュラム

情報通信工学科

ピックアップ・カリキュラム

  > 学部・大学院 > 工学部 > 情報通信工学科 > ピックアップ・カリキュラム

Pick UP
CURRICULUM

01

アルゴリズムとデータ構造及び同演習

科目群:情報 
開講時期:1年次後期〈必修〉

学びの目標

座学と演習の組み合わせを通じて、情報通信工学分野で不可欠なプログラミングの能力を磨く講義です。1年次前期で基本を学んだC言語についてさらに高度な文法を身につけるとともに、基本的なアルゴリズム(コンピュータの処理手順)を理解し、それを活用したプログラムを記述できるようになることが学びの目標です。

学びの内容

基本アルゴリズムとそのプログラミングについて、座学による授業とC言語によるプログラミング演習を通して学びます。座学では、基本アルゴリズムとしてファイル処理、線形探索法、二分探索法、基本選択整列法、クイックソート法などを取り上げます。さらに、C言語の文法として、関数の再帰呼び出し、ポインタ、構造体と共用体、動的メモリ確保などについて学びます。また、演習では、座学で学んだ知識を活用したプログラムを各自で実際に開発し、そのコンパイル・実行・デバッグを通じて、さらに理解を深めます。

Pick UP
CURRICULUM

02

情報通信工学実験Ⅲ

科目群:セミナー・研修 
開講時期:3年次後期〈選択〉

学びの目標

情報通信技術は、目に見えない電気信号や情報を取り扱うため、座学による学習だけでは内容の理解が不十分になりがちです。情報通信工学実験Ⅲは、インターネットや光通信などで実際に用いられる機器を扱う実践的な教育を通して、情報通信技術への理解を深め、その知識を活用できる人材となることを目標としています。

学びの内容

情報通信工学実験Ⅰ、Ⅱで学んだ実験手法を応用した実験テーマとして、コンピュータネットワーク、コンピュータグラフィックス、光通信、無線工学などの主要な情報通信技術に関連した先端的なテーマが用意されています。テーマごとに実験結果をまとめ、結果に対する考察を加えてレポートとして提出します。実験を通して実践的な情報通信技術とその原理を身につけるだけではなく、レポート作成を通して情報を周囲の人に的確に伝えるコミュニケーション能力を養成します。

学部・大学院