東北工業大学

お問い合わせ

資料請求

アクセス

HOME > 学部・大学院 > 工学部 > 環境エネルギー学科 > 教員・研究室

環境エネルギー学科

環境エネルギー学科

Department of Environment and Energy

  • 学科概要
  • 授業紹介
  • カリキュラム
  • 教員・研究室
  • 将来
  • 学科サイト

教員・研究室紹介

エネルギーコース

齋藤 輝文 教授

齋藤 輝文 教授SAITO Terubumi

学位:博士(工学)
研究分野:太陽電池の特性評価と電気二重層キャパシタを組み合わせた蓄電システムの研究

太陽エネルギー利用拡大に役立つ技術を開発

太陽エネルギーから電力を取り出すだけでなく、熱利用も図るなど総合的な利用のための研究です。太陽電池の効率低下要因についての研究や、キャパシタによる電気を蓄えるシステムの開発を行っています。

太陽エネルギー利用拡大に役立つ技術を開発
丸尾 容子 教授

丸尾 容子 教授 MARUO Yasuko

学位:博士(工学)
研究分野:化学、触媒、二酸化炭素リサイクル、化学センサ

CO2再生エネルギー化の研究

人間と東北地方の森林との共生を目指して再生可能エネルギーを生み出す方法としてバイオマスに着目しました。バイオマス発電で生じるCO2を光触媒や微細藻類を用いて循環する技術を研究し、化学で持続可能社会に貢献していくことを目指します。

加藤 善大 准教授

加藤 善大 准教授KATO Zenta

学位:博士(工学)(北海道大学)
研究分野:「グローバル二酸化炭素リサイクル」のための電極材料およびそのシステムの研究

二酸化炭素のリサイクルで地球温暖化を防止する

エネルギーの安定供給と地球温暖化防止のため、「グローバル二酸化炭素リサイクル」を提案しています。海水電解で得た水素と回収した二酸化炭素からメタンを作る新しいエネルギーシステムの実現のための金属材料の研究を行っています。

二酸化炭素のリサイクルで地球温暖化を防止する

田倉 講師授

 

田倉 哲也 講師TAKURA Tetsuya

学位:博士(工学)
研究分野:磁気応用工学、応用生体工学、ワイヤレス給電

ワイヤレスでエネルギーを伝送する

電磁界を利用して、生体から電気自動車まで様々な環境を想定したワイヤレスエネルギー伝送の研究を行います。ワイヤレスエネルギー伝送の研究により、次世代の治療装置および電源装置の開発を目指します。

地球環境を見守るレーザー光を開発

エコロジーコース

山田 一裕 教授

山田 一裕 教授Yamada Kazuhiro

学位:博士(工学)
研究分野:環境生態工学、水環境管理、環境教育

水環境情報を活用し、循環型社会づくりを目指す

水環境保全の視点から循環型社会づくりを目指しています。汚水浄化によって派生する処理水の有効利用を考えたり、生態系への影響を調べたりします。また、市民活動に役立てるため、環境情報の活用方法を研究しています。

水環境情報を活用し、循環型社会づくりを目指す
穴澤 正宏 准教授

穴澤 正宏 教授ANAZAWA Masahiro

学位:博士(理学)(大阪大学)
研究分野:数理生態学や理論物理学による食物網の安定性、生物個体群、生物群集の動態についての研究

生態系のバランスを数理とITで解明する

自然界の生物は、互いの競争や食物連鎖など複雑な生態系の上に成り立っています。生態系バランスのメカニズムを解明するために、数理モデルとITを駆使した研究を行っています。

生態系のバランスを数理とITで解明する
内田 美穂 准教授

内田 美穂 准教授UCHIDA Miho

学位:博士(工学)
研究分野:化学物質の影響評価、環境リスクを評価する手法についての研究

環境中に含まれる化学物質を分析・評価

大気、水、土壌など環境中にはたくさんの種類の化学物質が含まれています。その化学物質の種類や量を計測し、環境の中に含まれる有害物質のリスクに対して対応策を立てることを目的にしています。

環境中に含まれる化学物質を分析・評価
近藤 祐一郎 准教授

近藤 祐一郎 准教授KONDO Yuichiro

学位:博士(学術)
研究分野:エコデザイン

地域性を活かしたエコデザイン

私たちの身近にある地域環境を対象として、そこに内在する「問題点」や「資源」をフィールドワークで発見します。その「資源」を用いて「問題点」を解決するモノづくりやコトづくり、地域づくりについて研究しています。

地域性を活かしたエコデザイン
佐野 哲也 准教授

佐野 哲也 准教授SANOTetsuya

学位:博士(環境学)
研究分野:植物の分布と環境、森林立地環境の評価、森林生態系の物質循環

生態学から見た持続可能システムの実現

生態学の観点から環境とエネルギーの連携技術を創造することが目標です。野外で収集した調査データや地理情報システムによる解析などにより生態系の構造や機能を評価し、環境負荷の少ない自然エネルギー開発や森林バイオマス資源の利活用を提言します。

社会・経済システムから環境を考える
牧 雅康 准教授

牧 雅康 准教授MAKI Masayasu

学 位:博士(社会工学)
研究分野:リモートセンシング技術を用いた環境モニタリングについての研究

空と宇宙から地球の状態を観測する

リモートセンシング技術を用いて、自然環境変化や災害、作物の生育状況などの観測手法の開発を行っています。さらに、開発した手法 の実利用にも取り組んでいます。

社会・経済システムから環境を考える

PAGE TOP

最終更新日 2018年9月13日