東北工業大学

東北工業大学

環境応用化学科 | ピックアップ・カリキュラム
環境応用化学科 | ピックアップ・カリキュラム

環境応用化学科

ピックアップ・カリキュラム

  > 学部・大学院 > 工学部 > 環境応用化学科 > ピックアップ・カリキュラム

Pick UP
CURRICULUM

01

分析化学実験

科目群:実験・セミナー・研修 
開講時期:2年次前期〈必修〉

学びの目標

講義で学んだ化学の理論を、実際に実験を行い、その結果と導き出される考察をレポートにまとめることで、さまざまな化学反応への理解を深め、現象の観察に対しての洞察力を培うことを目標とします。また、正確にそして安全に実験を行うことも、もう一つの重要な目標です。

学びの内容

実験は大きく3つのパートに分かれます。最初に、実験を正確にかつ安全に行うために、化学薬品や化学実験器具の使用方法と使用上の注意事項を学びます。よく起こしがちな失敗事例を紹介しながら正しい基本操作方法を学びます。次に、試料の中にどのような物質が含まれているかを基本的な化学反応により明らかにする実験(定性分析)を行います。最後に、試料中に含まれる標的物質の量を明らかにする実験(定量分析)を行います。レポートはテーマ毎に作成していきます。

Pick UP
CURRICULUM

02

有機化学

科目群:化学(基礎) 
開講時期:1年次後期〈必修〉

学びの目標

日常生活用品や工業製品など有機化合物は幅広い場面で利用されています。その一方で、様々な環境問題を引き起こす原因となることがあります。有機化合物の性質や特徴は、その物質のもつ化学的な構造と深く関わっているので、その関係性について学びます。

学びの内容

有機化合物はその数が非常に多く、複雑な構造をもっているものが多く、化合物の構造はその物質が示す性質や機能と密接に関係しています。そのため、化合物がどのような骨格や、原子を含んでいるのか、的確な視点から構造を体系的に把握し、化合物の情報をつかむことが重要です。本授業では、有機化合物の構造の特徴を理解できるように、物質の名称と対応させながら化合物の構造を読み取る演習、性質と構造との関連を結びつける演習を行いながら有機化学の基礎を学びます。

学部・大学院