東北工業大学

お問い合わせ

資料請求

アクセス

HOME > 一番町ロビー/オープンカレッジ

東北工業大学 一番町ロビー

一番町ロビー/オープンカレッジ

これから開催されるイベント

東北工業大学は一番町ロビーにて、学術講演会やシンポジウム、公開講座等を定期的に開催しています。
ぜひご参加ください。入場は無料です。(予約不要)

市民公開講座

市民公開講座 No.342 被災児童の「心のケア」を目的とした復興学習

近藤 祐一郎(工学部 環境エネルギー学科 准教授)

6月13日(月)18:00~19:30

被災児童の「心のケア」を目的とした復興学習とその効果について紹介します。2011年から始まった本取り組みは、仙台市内の七郷小学校、北六番丁小学校、中野小学校、四郎丸小学校で行われ、5年間で1,000人を超えました。詳細は次のウェブサイトをご覧ください。
「復興絵馬プロジェクト」 https://www.facebook.com/fukkoema/

市民公開講座

市民公開講座 No.343 「土の科学」の話

6月24日(金)18:00~19:30

地球上には陸上にも海底にもありとあらゆるところに「土」は存在します。宇宙に目を向けると、月のような衛星にも火星のような惑星にも「土」があります。それでは「土」って何でしょうか。「土」を我々はどのように利用しているのでしょうか。我々の生活を支えている「土」を「科学」の視点でのぞいてみましょう。

市民公開講座

市民公開講座 No.344 摂取したセシウム137の体内からの除去促進による被ばく線量の軽減

梅田 健太郎(共通教育センター 教授)

7月1日(金)18:00~19:30

 放射性核種であるセシウム137(137Cs)を摂取すると人体は内部被ばくを受けます。人体への影響を軽減するには137Csを速やかに体外に排出する必要があります。プルシアンブルー(PB)は137Csの体内からの除去剤として使用されています。本講座では、137Csを体内摂取した後にPBを投与した場合の内部被ばく線量の軽減効果についてお話しします。

市民公開講座

市民公開講座 No.345 インターネット時代を支えるハードディスク

本多 直樹(工学部 知能エレクトロニクス学科 客員教授)

7月8日(金)18:00~19:30

ビデオやパソコンのハードディスク(HDD)は、日本発の「垂直記録」により記憶容量が飛躍的に増えました。インターネットには膨大な情報が溢れていますが、このほとんどはHDDが担っています。最近のクラウドやビッグデータはHDDの支えなしにはあり得ません。HDDの活躍を将来技術とともに平易に解説します。

市民公開講座

市民公開講座 No.346 北欧フィンランドの暮らし・建築・福祉

石井 敏(工学部 建築学科 教授)

7月15日(金)18:00~19:30

ロビー1Fで開催される育児パッケージ展との連動企画です。フィンランドでの生活経験のある講演者が、フィンランドの暮らしの実際と建築やデザイン、そして福祉の考え方や実際までお話しします。どなたでも気軽に聴講していただける内容です。北欧フィンランドの美しい写真をお楽しみください。

市民公開講座

市民公開講座 No.347 政治のなかの憲法

片山 文雄(教職課程センター 准教授)

7月29日(金)18:00~19:30

日本国憲法を変えよう、という意見が強まっています。とくに政治家の声が大きくなっています。憲法をどう変えると、どうなるのでしょうか。それを考えるためには、まず、政治のなかで憲法が担っている役割をきちんと知らなければいけません。政治思想・政治理論の立場から、できるだけ基本の基本から、考えてみましょう。

まちなか美術講座

まちなか美術講座(第47回) 近代画家の描いた挿絵・絵本

菅野 仁美(宮城県美術館 学芸員)

7月30日(土)13:30~15:00

明治・大正・戦前の昭和期に出版された雑誌や絵本の中には、画壇の中心、あるいはその周辺で活躍した画家たちによる挿絵が多々見られます。こうした近代の画家たちの挿絵制作の活動を踏まえ、戦後に誕生した雑誌「こどものとも」の初期の寄稿作家、特に中川李枝子、山脇百合子両氏の登場までを概観します。

東北工業大学 一番町ロビー

〒980-0811 仙台市青葉区一番町1-3-1
TMビル(旧ニッセイ仙台ビル)
Tel 022-723-0538
Fax 022-263-8606
E-mail: lobby@tohtech.ac.jp

一番町ロビー の詳細は、こちらのページをご覧下さい。

これまでに開催したオープンカレッジ

PAGE TOP

最終更新日 2016年06月10日